Drivin' with The Devil

主に自作小説・ロック論・マンガ論などを”狭く深く”書いてます。 どうぞ気軽に楽しんでいってください。。。!! 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウイングス・ワイルド・ライフウイングス・ワイルド・ライフ
(1995/11/08)
ウイングス

商品詳細を見る




●マンボ : ウイングス


先週の火曜日から今日まで都合8日間受講した講習会がようやく終わった。

午後には資格試験も行われ無事合格と相成った。

応援の言葉をくださった皆様、ありがとうございました!

さて、帰宅して真っ先に行ったのが音楽鑑賞。。。^-^;

先週末の「桑田佳祐のやさしい夜遊び」はどうしても聴きたかったので我慢しなかったが、あとは講習へ通う車内でしか音楽を聴く機会がなかった。

やっぱりいいね。。。♪

ロック最高。。。♪♪

そんな中でチョイスした1枚がウイングスのファーストアルバム「ウイングス・ワイルド・ライフ」(1971年)だ。

ポール・マッカートニーがビートルズの末期~解散後の2枚のソロアルバムを経て結成したバンドがウイングスである。

メンバーはポール(ボーカル、ベース、ギター、ピアノ)、妻のリンダ(ピアノ)、デニー・レイン(ギター、ベース)、デニー・シーウェル(ドラムス)の4人。

この「ワイルド・ライフ」はわずか2週間という期間で制作されたアルバムで、発売当時はラフ過ぎるサウンドと練り込みの足りない楽曲群が批判され、今でも世間的な評価は高くない。

しかしながら、そのラフ過ぎるサウンドの中にこそ”ロックンローラー”ポールの真髄が凝縮されている。

ここで紹介する”マンボ”はアルバムの1曲目。

「Take it Tony!」というポールのシャウトから始まる音は隙だらけのアレンジでありながらロックバンドという形態が元来持っている昂揚感を余すところなく聴き手に伝えてくれる。

決してポールの代表曲とは言い難い曲だし、代表作とは言えないアルバムだが捨て難い魅力がある。



是非ご堪能あれ。。。!




ではまた次回^^


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://drivemycar1965.blog76.fc2.com/tb.php/3242-277520f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。