Drivin' with The Devil

主に自作小説・ロック論・マンガ論などを”狭く深く”書いてます。 どうぞ気軽に楽しんでいってください。。。!! 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BBCライヴBBCライヴ
(1997/10/25)
レッド・ツェッペリン

商品詳細を見る



●コミュニケイション・ブレイクダウン : レッド・ツェッペリン


相変わらず地震は頻発するし、ちょっと家から離れると多賀城市内は瓦礫や廃車だらけでまるでゴーストタウンだし、在来線復旧の見込みは立たないしという環境の中で生活しているけど、真っ暗闇の中でいつどうなるかわからない状態の中で生活していた一月前を思うと幸せだなと思う。

福島第一原発もレベル7がどうとか先の見えない状態になっているけど、そんなことすら知らない状況の中で生活していた一月前を思うと情報が入ってくるって幸せだなと思う。

ネットを見ていると誰もが原発問題に関して右往左往している。

もはや何が本当で何が嘘なのかもわからないほどいろんなことが氾濫している感じだ。

俺個人としては余程のことがない限りここで生き抜いていくので精一杯という思いに変わりはない。

もちろん政府(自民党含む)や保安院・東電に対する怒りはある。

けど、生きていくだけで精一杯。

だからどうか被災地以外に住んでおられるメディア上で怒りを爆発させている皆様、紙や電脳世界の中だけで吠えてないでデモでも何でもやって政府転覆させちゃってください。


さて、気分がクサクサした時は轟音ロックに限る。

今日はレッド・ツェッペリンの「BBCライヴ」がお供。

2枚組で1枚目が1969年、2枚目が1971年のスタジオライヴを収録している。

若き日のZEPの野獣の如き演奏を真空パックすることに成功したこのアルバムに捨て曲は一切ない。。。!

紹介した”コミュニケイション・ブレイクダウン”はBBCのラジオ番組「テイスティ・ポップ・サンデー」の1969年6月22日オンエアからのテイク。

ジミー・ペイジの異常にトレブルの高いささくれたギター、ジョン・ボーンナムの冗舌に尽くしがたい唯一無二のドラム、ジョン・ポール・ジョーンズのしっかりと基盤を作りながらも適度に暴走するベース、そしてロバート・プラントの超絶シャウト。

どれもが凄い。。。!

ZEPにしか出せない奇跡のサウンド。

何度聴いても鳥肌が立つ。。。!!




ご堪能あれ。。。!





ではまた次回^^

スポンサーサイト
コメント

ストレスたまった体に響きますね~
なんかすっきりしました。
素敵な曲を('-'*)アリガトウ♪
2011/04/13(水) 19:25:28 | URL | あ~たん☆☆ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://drivemycar1965.blog76.fc2.com/tb.php/3222-4909d719
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。