Drivin' with The Devil

主に自作小説・ロック論・マンガ論などを”狭く深く”書いてます。 どうぞ気軽に楽しんでいってください。。。!! 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の神保町探索から一夜明けて。。。

COMとガロをじっくり読んだ。

俺は古本(漫画専門)が好きで一時期結構集めたりしたのだが、新書版がメインで雑誌はあまり買わなかった。

自分で買ったのは1972年の週刊少年サンデー(手塚治虫の悪名高き「サンダーマスク」の第一回目が載ってる)と1973年の週刊少年マガジンくらい。

他には以前盟友黒猫藝帝さんからお土産でCOMを2冊いただいた程度だ。

ちょっと話が逸れたが、COMとガロを同時に読むと当時の漫画界がどんなものだったかある程度掴めてくる。

COMは漫画の神様(俺はこの呼称が好きではない)手塚治虫が漫画そのもののレベルを上げるべく作った雑誌で、ガロは白土三平、水木しげる、つげ義春といった貸本漫画家を表舞台に出すべく青林堂社長の故・長井勝一が作った雑誌だ。

いわばオーバーグラウンドとアンダーグラウンドの対比である。

しかしながら興味深いのは創刊はガロの方が早いこと。

つまり、漫画界のメインストリームにいた手塚はガロ系の漫画家や劇画家たちに対抗意識を燃やしてCOMを作ったと想像できる。

こうして二誌が並び立つ状況が続いたが当時の読者はCOMよりもガロを支持したようだ。

洗練された手塚系の漫画よりも泥臭く、土着的でそれでいてモダンさも併せ持った水木や白土の漫画に魅力を感じたのだろう。

既に権威となっていた手塚に対するアンチテーゼの面もあったのだと思う。

だが、手塚はCOMこそ休刊させ虫プロも倒産させてしまったが貪欲に劇画を自己の中に取り込んでいったことでついに漫画家としては最期まで現役であり続けた。

手塚も水木も白土もつげも皆凄い。。。!!

そんなことをCOMとガロは思い起こさせてくれるのだ。



201101302254000.jpg


こちらはCOMの「まんが家論」

手塚直系の弟子石森章太郎(当時)が結構というかかなりボロクソに批評されている。

その論調には頷ける所もあるが、大分的外れな所も多いように思える。


201101302255000.jpg


一方、こちらはガロに連載されていた「鬼太郎夜話」

何故ここを載せたかというと水木プロのアシスタント募集の告知があったから。。。!

極貧時代をくぐり抜けて躍進している時代の水木のエネルギーとユーモア溢れる人となりがこの告知文を読んでもわかる。

まさに一級の資料である。


201101302256000.jpg


おっと、これは何だ。。。??

楳図かずおだってことはわかるが。。。


201101302257000.jpg


実はパンツ。。。!

頂き物なんだ。。。^-^;




ではまた次回^^







スポンサーサイト
コメント

このパンツ・・・デートの時は、履かないように!
2011/01/31(月) 00:57:58 | URL | sabaraja #u/33KVoQ[ 編集 ]

絵は下手でもよい。www

アングラ誌の代表、ガロが(まぁスッタモンダあったけど)生き残ってるのは興味深いね。

東中野の青林堂本社前で思わず手を合わせる程のガロ信者だった頃が懐かしい。
2011/01/31(月) 10:38:29 | URL | 黒猫藝帝@スマホ #-[ 編集 ]
。( ´д`)
ワシがガロ買ってた頃ってなんだろ。。蛭子さんとか丸尾さんのころでしょうかねえ。。。(´┐`)
あの頃のガロは捨てちゃったなあ。。なんか持ってると不幸になりそうな気がして。。。(´┐`)
2011/02/01(火) 21:21:17 | URL | グレ #-[ 編集 ]

さばちゃん<了解。。。^-^;
2011/02/07(月) 23:32:49 | URL | drivemycar #-[ 編集 ]

ゲーテ<やっぱりガロには人を惹きつける魅力があるよ。
2011/02/07(月) 23:36:43 | URL | drivemycar #-[ 編集 ]

グレさん<その時代のガロも超貴重ですよね。。!!
2011/02/07(月) 23:37:38 | URL | drivemycar #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://drivemycar1965.blog76.fc2.com/tb.php/3198-5abd3f54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。