Drivin' with The Devil

主に自作小説・ロック論・マンガ論などを”狭く深く”書いてます。 どうぞ気軽に楽しんでいってください。。。!! 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブリザード・オブ・オズ~血塗られた英雄伝説ブリザード・オブ・オズ~血塗られた英雄伝説
(1997/11/21)
オジー・オズボーン

商品詳細を見る




●アイ・ドント・ノウ : オジー・オズボーン



俺が敬愛してやまないオジー・オズボーンの泣く子も黙る(笑)ファーストアルバムである。

1980年リリース。

過去記事にも書いたことがあるが、オジーとギタリスト故ランディ・ローズの抜群のコンビネーションがこのアルバムの肝だ。

ブラック・サバスで悪魔的な中にもコミカルな要素を湛えたオジーの個性がクラッシック音楽に影響を受けたメロディアスなギターを弾くランディによって開花したし、ランディが隠し持っていたヘヴィネスな部分はオジーによって見事に引き出された。

これだけお互いがお互いに影響し合い、それが作品にモロに反映されるパートナーシップも珍しい。

捨て曲一切なしの名盤中の名盤であり、リリースから30年以上経っても全く色褪せていないのが素晴らしい。

ただし、2002年以降に再発されたこのアルバムはリズム隊が差し替えられているので要注意。。。!

その「ブリザード・オブ・オズ」のポールポジションを飾った”アイ・ドント・ノウ”を紹介しよう。

ランディが弾くヘヴィでメロディアスなギターリフとオジーのクセのあるボーカルが絡む名曲。

疾走感が堪らないし、スローなテンポに落ちる中盤の構成も見事としか言い様がない。

映像は1981年頃のテレビ番組中のスタジオライヴ。

動くランディが観られる唯一の素材として有名。

オジーとランディはもちろんカッコイイがボトムを支えるルディ・サーゾ(ベース)とトミー・アルドリッジ(ドラムス)もいい仕事をしている。


ご堪能あれ。。。!!






ではまた次回^^


スポンサーサイト
コメント

おー!オジー・オズボーン♪
久々に聞いたら、やっぱりパンチあるね~!

そう言えば・・・オジン・オズボーンどこ行ったんやろ?
2011/01/27(木) 01:32:22 | URL | sabaraja #u/33KVoQ[ 編集 ]

さばちゃん<オジー聴いてたんだよね、凄い。。。^-^
2011/01/31(月) 00:16:44 | URL | drivemycar #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://drivemycar1965.blog76.fc2.com/tb.php/3195-17c46b5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。