Drivin' with The Devil

主に自作小説・ロック論・マンガ論などを”狭く深く”書いてます。 どうぞ気軽に楽しんでいってください。。。!! 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロックン・ロール・サーカス [DVD]ロックン・ロール・サーカス [DVD]
(2007/11/21)
ザ・ローリング・ストーンズジョン・レノン

商品詳細を見る




●ア・クイック・ワン・ホワイル・ヒーズ・アウェイ : ザ・フー 




ザ・フーが1966年にリリースしたセカンドアルバム「ア・クイック・ワン」のタイトルチューン。

未完成の曲の断片を繋ぎ合わせて一曲にしたもので、ロック・オペラのはしりとされている。

後にフーが「トミー」(1969年)や四重人格(1973年)とロック・オペラ形式のアルバムを次々に作り出したことを思うと”ア・クイック・ワン~”の役割というのは非常に大きなものであった。


映像はローリング・ストーンズが企画したテレビ特番「ロックンロール・サーカス」からのもの。

1968年に制作され、長いこと陽の目を見なかった作品だったが1996年にソフト化され現在はDVDで容易に入手できる。

ブライアン・ジョーンズ在籍時最後のストーンズの演奏、スーパーバンドであるザ・ダーティ・マック(ジョン・レノン、エリック・クラプトン、キース・リチャーズ、ミッチ・ミッチェル)の名演、トニー・アイオミ在籍時のジェスロ・タルの演奏と貴重なシーンがギッシリ詰まったこの作品内でもフーの演奏は飛び抜けてカッコイイ。。。!

ミック・ジャガーがフーの演奏に驚嘆して映像のお蔵入りを決めたという噂も本当に感じる物凄い演奏である。

ニコニコ動画からの紹介なのでコメントが邪魔であれば消してご覧くだされば幸い。


バンドを引っ張るピート・タウンゼントの統率力&剛腕ギター、キース・ムーンのまるで台風のようなドラム(ハイハットを使わないのがスゲェ!)、ジョン・エントウィッスルの異常なまでに指が動くベースプレイ、そしてロジャー・ダルトリーのツボを得たボーカル。

最高にワイルドで、破天荒で、それでいてポップな至高の名演奏である。


堪能されたし。。。!!






ではまた次回^^





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://drivemycar1965.blog76.fc2.com/tb.php/3154-23ca3167
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
レディース・アンド・ジェントルメン [DVD] |
レディース・アンド・ジェントルメン [DVD]WHD ENTERTAINMENT...
2010/11/10(水) 19:21:17 | 見つけます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。