Drivin' with The Devil

主に自作小説・ロック論・マンガ論などを”狭く深く”書いてます。 どうぞ気軽に楽しんでいってください。。。!! 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリッジズ・トゥ・バビロンブリッジズ・トゥ・バビロン
(2009/07/15)
ザ・ローリング・ストーンズ

商品詳細を見る





いやぁ、またまた風邪引いたみたい。。。^-^;;;



最近身体が正直なんだよね。

疲れたのを忘れて仕事でも遊びでもガンガンいくと必ず疲れが”風邪”という形で表れるようになった。


歳なのかなぁ。。。


まぁ、そんなわけで今日は身体の欲求に従って早く寝ることを画策中。。。


そんな中で聴いてたBGMが上に挙げたローリング・ストーンズのアルバム「ブリッジズ・トゥ・バビロン」収録のこの曲。

   


●エニィバディ・シーン・マイ・ベイビー? : ザ・ローリング・ストーンズ

1997年リリースの「ブリッジズ~」からのシングルカット。

作曲者クレジットにカナダの女性カントリー歌手k.d.ラングの名前があるがこれはこの曲のサビが彼女の”コンスタント・クレイヴィングに似ているために取られた措置。

参考までに→ ●コンスタント・クレイヴィング : k.d.ラング

確かに似たメロディーであるが”コンスタント~”が憂いを帯びたカントリーチューンであるのに対して”エニィバディ~”はもっと混沌とした印象を受ける。

それはサンプリングだったりドラムのループだったりというサウンド面もあるがミック・ジャガーの囁くようなボーカルによるところが大きい。

全くストーンズらしくないコンテンポラリーな音だけど、囁きからサビで一気に力強いものに変わるミックのボーカルが堪らなく好きだ。





ではまた次回^^
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://drivemycar1965.blog76.fc2.com/tb.php/3060-c38af986
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。