Drivin' with The Devil

主に自作小説・ロック論・マンガ論などを”狭く深く”書いてます。 どうぞ気軽に楽しんでいってください。。。!! 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今日16時よりWOWOWで放送された井上陽水のデビュー40周年ライヴ(2009年12月1日 於:日本武道館)を観た。

 

 そこでもともとファンではあったのだが陽水のライヴの完成度に改めて驚かされる(生で観たことはないけど)と同時に猛烈な感動を覚えた次第。

 

 若い頃に持っていた繊細で壊れてしまいそうなボーカルは加齢と共に衰えてしまっているんだけれども、それを補って余りあるほどの表現力が実に素晴らしい。(ギターの腕は健在)

 

 やはりコンスタントに人前で歌い続けているだけあり、彼のタフさやキャリアをこれでもかと味わえる本当に”観て財産になるライヴ”であった。

 

 

 前置きが長くなった。

 

 

 今回の「オリジナル&カヴァー~」は俺の一番好きな陽水ナンバーを急遽取り上げることにした。

 

 

 ”氷の世界” である。

 

 

 カヴァーは筋肉少女帯でお送りしたい。

 

 

 いってみよう。。。!!

 

 

 

●氷の世界 : 井上陽水

 

 オリジナル:http://www.youtube.com/watch?v=DJnx_nYZFCE

 ライヴテイク:http://www.youtube.com/watch?v=hVB5j9quvy4

 

 1973年に陽水4枚目のオリジナルアルバムとしてリリースされたアルバムのタイトルチューン。

 

 陽水がビートルズファンであるのは広く知られた事実であるが、この曲にはビートルズフレーヴァーをいくつも見ることができる。

 

 それはギターリフだったりブルースハープだったりする。

 

 けれどもビートルズの影響を受けながらもキッチリと”井上陽水の世界”を作り出しているところが実に見事。。。!

 

 「窓の外ではリンゴ売り、声を枯らしてリンゴ売り、きっと誰かがふざけてリンゴ売りの真似をしているだけなんだろう」

 

 「僕のテレビは寒さで画期的な色になり、とても醜いあの子をグッと魅力的にしてすぐ消えた」(歌詞はいずれも聴き取り)

 

 こういうアングラすら感じさせる詞の世界を持ちつつ曲が大衆的な仕上がり(実際にアルバムは日本初のミリオンセラーとなった)に至った所も凄い。

 

 フォークブームの中で売れるきっかけを作った陽水が極めてグルーヴ感のあるロックでミリオンセラーを叩き出したことは実はJ‐POPというものを考える上で非常に重要なことであると俺は思うのだが長くなりそうなのでその辺はパス。。。^-^;

 

 オリジナルのグルーヴ感とはまた違った昂揚感を生み出しているライヴテイク(おそらく2007年ぐらいのもの)も凄まじくカッコイイ。。。!

 

 60歳を超えてなお歌い続ける陽水に脱帽。。。!!

 

 

●氷の世界 : 筋肉少女帯

 

 http://www.youtube.com/watch?v=u9tmOfllaNI

 

 筋肉少女帯(以下筋少)は1988年にメジャーデビュー。

 

 ”元祖高木ブー伝説”や”日本印度化計画”などのシングルで知っている方も多いと思う。

 

 長い活動休止期間を経て2006年に活動再開、現在に至る。

 

 現在のメンバーは大槻ケンヂ(ボーカル)、内田雄一郎(ベース)、本城聡章(ギター)、橘高文彦(ギター)。

 

 これにドラムスに太田明を加えた編成で1992年に”氷の世界”のカヴァーをシングル発表している。(アルバムだとベスト盤「筋少の大水銀」に収録)

 

 実は筋少に関しては盟友、黒猫藝帝さんが超の字が付くほどのファンである。

 

 故に俺の知識ではゲーテにダメ出しされる可能性が極めて高いのでバンドに関しては触れずにあくまで曲のみを語っていくのでご容赦。。。^-^;

 

 筋少の”氷の世界”はオリジナルが持っていたアングラっぽさを増幅させた印象がある。

 

 それはやはりフロントマンである大槻ケンヂの資質・嗜好から来ているのだと思う。

 

 サウンドアレンジはハードロックをベースにプログレの要素すら漂うもので一筋縄ではいかない仕上がりになっている。

 

 特に橘高文彦の超絶ギタープレイは今聴いてもカッコイイ。。。!

 

 映像はPV。

 

 この時代に同性愛を彷彿させる内容は衝撃的だった記憶がある。

 

 今観るとそこよりも映像全体に流れる耽美的ムードに目が行く。

 

 俺も少しは成長してるんだろうか。。。(爆)

 

 

 

 

 ではまた次回^^

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
コメント

ダメだしはしないw
陽水のカヴァーさせて、シングルたるものにしたオーケンの「陽水好き」とフォークとハードロックの融合が見事だとおもいまふ。
2010/02/02(火) 11:23:36 | URL | 黒猫藝帝 #79D/WHSg[ 編集 ]

ゲーテ<オーケンは陽水と奥田民生を引き合わせたんだって。。。!
2010/02/02(火) 21:39:57 | URL | drivemycar #79D/WHSg[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。