Drivin' with The Devil

主に自作小説・ロック論・マンガ論などを”狭く深く”書いてます。 どうぞ気軽に楽しんでいってください。。。!! 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ただいまーっ!」

 少女は元気良く言った。

 

「おかえり」

 母は娘が帰って来たのを認めると彼女の方を向いて答えた。

 

「今日は寒かったぁっ!」

 娘は息を弾ませて母に向かって思いのたけをぶつけた。

 自分がどれだけ寒い中勉強に、運動に頑張ってきたのかを評価してもらいたかったのだ。

 

「寒いのはあなただけじゃないわ。世の中の人たちみんな寒い中頑張ってるのよ」

 母はそんな娘の気持ちを汲み取りながらも、つっけんどんに言った。

 娘を甘やかしたくないが故の態度だった。

 

「ちぇっ…ママはいつもそうなんだから…!」

 娘にも母の思いは伝わっていた。

 それでも子供として、子供にしかできない甘えを許してほしい気分だった。

 

 

「ほらっ、そんなことより帰って来たんだからマフラーや手袋外しなさい。家の中なんだからね」

 何故か一向に防寒のものを取ろうとしない娘に母が焦れた。

 

「だって…家の中も超寒いんだもん!まるで冷凍庫にいるみたいよ!」

「お行儀が悪いわ!早く外しなさい」

 母親の焦れは怒りへと変わりつつあった。

 

「ママだって家の中なのにコート着たままじゃないのよ!」

 娘が異議を唱えた。

 

「そんなこと言うけど寒いわ…ごめんね、ママ勝手なこと言っちゃって」

「ううん、いいの。私こそごめんなさい…」

 やはり母娘だ。

 ちょっとした気持ちの行き違いもすぐに解消できる。

 

「けど…」

「どうしたの、ママ?」

 

「変ねぇ。どうして家がこんなに寒いんでしょう?あなたが言ったように冷凍庫みたいだわ…」

「うん…私もずっとそう思っていた」

 

 二人が共通の疑問を投げかけ合ったその時だった。

 

『ガサッ!』

 奥の方で何かが動いた。

 

「キャッ!」

「誰?」

 

『ガサッ、ガサッ!』

 現れたのは長髪で髭面の男だった。

 母娘にとって全く面識のない男。

 見るからに不潔そうでホームレスを思わせる風貌だった。

 けれども防寒対策は万全のようで厚手のコート、マフラー、手袋に身を包んでいる。

 

 二人は思わぬ闖入者に恐怖した。

 

「あなた誰?」

「可哀想になぁ…寒さですっかりおかしくなったか…」

「えっ…!?」

 

「ここはお前らの家じゃない!」

「何…言ってるの?」

 

 

「ここはお前らが閉じ込められてる冷凍庫の中さ!わかるか?お前らは俺に誘拐されたんだよ!」

 

 

 

 

~~~終~~~  

 

 

 

 

*この物語はフィクションです。
 
 


Copyright (C) 2010 by drivemycar All Rights Reserved

 

 

 

スポンサーサイト
コメント

今雪降ってるよー^^
2010/02/03(水) 23:05:44 | URL | ??柚魅?? #79D/WHSg[ 編集 ]

今日は寒くて車のドアが開きませんでしたな(´┐`)
2010/02/04(木) 00:04:39 | URL | プログレ子 #79D/WHSg[ 編集 ]

誘拐されて、現実逃避しちゃったのかな・・・
雪は降ってないけど、大阪も寒い~!!!
風邪ひかないようにねっ♪
2010/02/04(木) 01:03:49 | URL | sabaraja #79D/WHSg[ 編集 ]

ちょと怖かった(っ・ω・;A アセアセ 
2010/02/05(金) 12:52:16 | URL | あ~たん☆☆ #79D/WHSg[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。