Drivin' with The Devil

主に自作小説・ロック論・マンガ論などを”狭く深く”書いてます。 どうぞ気軽に楽しんでいってください。。。!! 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 忌野清志郎(敬称略)の突然の死から3日経った。

 

 何だか日増しに喪失感が大きくなっていくのを止められないでいる。

 

 自分の幼少期~10代にかけて活躍していた”身近な”ミュージシャンが逝ってしまったことがこんなに悲しいとは思わなかった。

 

 ジョージ・ハリスンが亡くなった時も同様の喪失感を覚えたが、今回はより大きいんだよ。

 

 自分なりにできる供養といえば彼の遺した曲や映像を聴きまくる・観まくることくらいしかないのだが、皆さんにもお付き合いしていただきたくての記事である。

 

 清志郎はライヴの達人だった。

 

 残念ながら実際のライヴは未体験に終わってしまったが、ライヴの名盤「ラプソディー」やそれに付随する映像を観ただけでも彼がとんでもないパフォーマーであることはビシバシ伝わってくる。

 

 と同時に清志郎はコラボの達人でもあった。

 

 ちょっと思いつくだけでも坂本龍一、HIS(細野晴臣、坂本冬美)など印象的なコラボが多い。

 

 これは彼が自分の魅力を最大限に出しつつ、相手の魅力をも引き出す能力を持っていたからに他ならない。

 

 それ以外にも単発でのコラボで印象深いものが沢山ある。

 

 皆さんとそれをわかち合いつつの今宵とあい成れば幸いだ。

 

 

 

●スローバラード with サンボマスター 

 

 http://www.youtube.com/watch?v=RtIRPHCrvZ0

 

 RCサクセション不朽の名曲をサンボマスターとコラボ。

 

 フジテレビ系の音楽番組「僕らの音楽」からの映像。

 

 初代司会者の鳥越俊太郎がいるので2004年~2005年頃の映像と思われる。

 

 サンボマスターの山口隆の癇を孕んだボーカルとギターも実にエモーショナルで素晴しいが、やはり清志郎の存在感は別格。

 

 山口の狂気を受け止めた上でより高みを目指さんと歌い上げる彼の姿に目頭が熱くなる。

 

 名演。。。!!

 

 

●セッションだッ! with 桑田佳祐、山下洋輔、今野多久郎

 

 http://www.youtube.com/watch?v=BGCGWKsbT8w

 

 もう何度もこのブログで語っている伝説の音楽番組「メリークリスマスショー」の1986年版からの映像。

 

 この曲はこの番組でしか聴けない”幻の名曲”である。

 

 清志郎と桑田佳祐が互いを罵り合うという(!?)内容は喧嘩というよりはプロレスに近い。

 

 事実、翌1987年には泉谷しげると古館伊知郎を加えて実際にプロレスのシチュエーションでこの曲をプレイした。

 

 アクの強い二人のミュージシャンのボーカル&アクションのカッコ良さは言うまでもないが、孤高のジャズピアニスト山下洋輔のフリーフォームなピアノに耳を奪われる。

 

 これも”名演”と呼ぶに相応しいだろう。。。!

 

 

●帰れない二人 with 井上陽水

 

 http://www.youtube.com/watch?v=UsLLSQIIAkc

 

 清志郎と井上陽水が深い友人関係にあったことはよく知られている。

 

 ”帰れない二人”は彼らの共作曲で陽水のアルバム「氷の世界」(1973年)に収録。

 

 「氷の世界」は日本初のミリオンセラーアルバムで、当時RCが売れず困っていた清志郎にとって”帰れない二人”の印税は頼みの綱であったという。

 

 この二人が作り出したバラードは珠玉の名曲であり、好き度では個人的に陽水の楽曲で1・2を争う。

 

 このジョイントライヴの映像を観てほしい。

 

 何て美しいメロディーなんだろう。。。

 

 何て美しいボーカルなんだろう。。。

 

 

●春夏秋冬 with 泉谷しげる、小田和正、桑田佳祐

 

 http://www.youtube.com/watch?v=zly7HoK6CAE

 

 以前にも紹介した映像だが再度紹介しよう。

 

 1993年、札幌で行われた「奥尻島チャリティーコンサート」からのもの。

 

 空前絶後の4人組が各々のスタイルで名曲”春夏秋冬”を歌い上げる。

 

 何度観てもスゲェ。。。!!

 

 

 

 

 とりあえず今回はこれで〆。。。

 

 清志郎についてはこれからも記事を綴っていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ではまた次回^^

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
コメント

就職した時、4つ上だけど同期の女の子の車に乗せてもらって、
初めてそこで聞いた音楽がRCサクセションでした。
その頃はニューミュージックばっかりで~今頃もっと聞いておけばと後悔。。。
2009/05/05(火) 22:52:14 | URL | あ~たん☆☆ #79D/WHSg[ 編集 ]

あ~たん<今の世の中ならもっともっと評価されてたでしょう、先駆者たる所以です。。。
2009/05/05(火) 23:17:39 | URL | drivemycar #79D/WHSg[ 編集 ]

あーサンボとのスローバラードは最高によかった!!!
両人ともクセあるのに、融合するとものすごくいい。
今スローバラード聞いたら完全に泣くわ。
2009/05/06(水) 09:05:01 | URL | 黒猫藝帝 #79D/WHSg[ 編集 ]

あっこちゃんとのひとつだけもお願いします(゚∀゚)/
2009/05/06(水) 09:21:40 | URL | プログレ子 #79D/WHSg[ 編集 ]

TVにも抵抗なく出ていたし、彼を追いかけるジャーナリズムも多かったから、こうしてたくさんの映像が残っているのは嬉しい限り。アップありがとうございます・・・でもやはり、いなくなっちゃったのは寂いし限り・・・
ソロ活動時代にBOOKER Tとバンド組んだ時のアルバム「Memphis」も良かったし、そのメンツでのライブも肩の力抜けてて、キヨシローそれはそれは嬉しそうでした。
2009/05/06(水) 11:22:02 | URL | Django64 #79D/WHSg[ 編集 ]

ゲーテ<サンボもいいもんだね、今度ちゃんと聴いてみるわ。
プログレ子さん<了解です。
ジャンゴさん<ブッカーTは清志郎憧れのミュージシャンで彼らとコラボを実現させた
         ところに技量を見ますね。。。!
2009/05/06(水) 20:53:57 | URL | drivemycar #79D/WHSg[ 編集 ]

大昔の所ジョージのような、化粧なしのグラサンの清志郎を初めて見た。
このセッションのおかげで、確信が持てたのは、やっぱ声が大事だな。
鳥のさえずりのように、聴き続けたい、聴いていたい声、歌。
清志郎のシャウトもシットリしたバラードも、最高の歌声だった。
2009/05/06(水) 21:51:32 | URL | んとす #79D/WHSg[ 編集 ]

すとん<本当に最高のボーカリストだよ。。。
2009/05/06(水) 23:40:23 | URL | drivemycar #79D/WHSg[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。