Drivin' with The Devil

主に自作小説・ロック論・マンガ論などを”狭く深く”書いてます。 どうぞ気軽に楽しんでいってください。。。!! 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ミュージシャンの忌野清志郎氏が亡くなった。

 

 享年58歳という若さだった。

 

 ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090502-00000100-mai-soci

 

 

 

 忌野氏は1970年に自身のバンドRCサクセションでプロデビュー。

 

 70年代は思うように曲が売れず、不遇の時代を過ごした。

 

 しかし、それはあくまで”お茶の間”という世界でのみの話で、デビュー間もなく、その独特のソウルフルなボーカル、ロックやR&Bに根ざした確かな音楽性ですぐにRCはトップバンドとしての地位を確立する。

 

 初期のフォークスタイルの頃には”僕の好きな先生”(1972年)、”スローバラード”(1976年)、更にロック色を強めてからも”雨上がりの夜空に”(1980年)、”トランジスタ・ラジオ”(1980年)など綺羅星の如き名曲群を生み出した。

 

 忌野氏がその存在を一般までに知らしめるきっかけとなった曲が坂本龍一とのコラボ”い・け・な・い ルージュマジック”(1982年)である。

 

 本物の札束を使ったり、男同士のキスシーンが話題になった(物議を醸した)PVの衝撃は忘れられないし、そのイメージそのままの”狂気”溢れるパフォーマンスを見せたTV番組出演時も強烈なインパクトを残した。

 

 その後RCは順調に活動を続けるも1991年に無期限活動中止、忌野氏はソロアーティストとして更に音楽性に磨きをかけていく。

 

 原発を批判した”ラヴ・ミー・テンダー”が問題となり発売中止になったRCのアルバム「COVERS」(1988年)、放送禁止用語を連発したTV番組でのライヴがヤバ過ぎたザ・タイマーズでの活動、パンクアレンジが問題になった”君が代”など非常にラディカルな一面を持った人でもあった。

 

 ライヴでの卓越したパフォーマンス能力は他の追随を許さず、後のJ‐POPシーンに与えた有形無形の影響はあまりにも大きい。

 

 俺自身忌野氏のことは特別大ファンというわけではなかったが、RCのアルバムは何枚か持っているし、その唯一無二の佇まいを観て素直にカッコイイと思い続けていた。

 

 2006年に氏が癌であるということがわかった時にはいてもたってもいられずに記事を書いた。

 

 復帰してすぐの転移のニュースには戸惑ったが、氏はいつか飄々とした様子で再復帰するものだと信じていた。

 

 いつか氏の演奏を生で観れると思っていた。

 

 しかし、それももう叶わなくなってしまった…

 

 

 映像をいくつか紹介して忌野氏を偲びたい。

 

 

●い・け・な・い ルージュマジック 

 

 http://www.youtube.com/watch?v=tvUZkqAgB_E

 

 衝撃のPV。

 

 26年経った今でも衝撃。

 

 

●サマーツアー

 

 http://www.youtube.com/watch?v=n5MZjRzv-uM

 

 1982年発表、12枚目のシングル。

 

 ”い・け・な・い~”の大ヒットの余波を受けてこの曲もスマッシュヒットを記録した。

 

 映像は「夜のヒットスタジオ」からのもの。

 

 前置きが長いけど(田原俊彦!)、当時の勢いを感じるパフォーマンスが鳥肌が立つほどカッコイイ。。。!

 

 RCのロックスピリットが如実に感じられる。。。!!

 

 

●交響曲第九番 ROLL OVER BEETHOVEN

 

 http://www.youtube.com/watch?v=kOJdlAUr-hI

 

 1986年に放送された音楽番組「メリークリスマスショー1986」でのパフォーマンス。

 

 ベートーベンの第九をあくまでロックスタイルで歌い、暴れまくる忌野氏に脱帽。。。!

 

 意外と言及されないが、氏の歌唱力の確かさもわかる好映像だ。

 

 

 

 

 

 悲しくて泣けてきた。

 

 

 清志郎さん、天国へ行ってもその歌声とパフォーマンスでそちらを湧かせてくださいね!

 

 

 

 合掌。

 

 

 

スポンサーサイト
コメント

。。。(´;ω;`)ブワッ・・・タイマーズ。。。。
2009/05/03(日) 01:26:05 | URL | プログレ子 #79D/WHSg[ 編集 ]

プログレ子さん<タイマーズの尖がりぶりはハンパじゃなかったですよね。。。
2009/05/03(日) 01:33:17 | URL | drivemycar #79D/WHSg[ 編集 ]

悲しすぎて何書いていいか分からんです・・・
2009/05/03(日) 01:52:57 | URL | Django64 #79D/WHSg[ 編集 ]

ジャンゴさん<今更ながら清志郎はとんでもなく偉大なミュージシャンだったのだと
         思い知らされています。
2009/05/03(日) 02:20:56 | URL | drivemycar #79D/WHSg[ 編集 ]

初めて聞いたのが30年前、衝撃でした。。。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。。。
2009/05/03(日) 05:40:27 | URL | あ~たん☆☆ #79D/WHSg[ 編集 ]

あ~たん<日本のロックの裾野を広げた偉大なミュージシャンです。
2009/05/03(日) 21:33:57 | URL | drivemycar #79D/WHSg[ 編集 ]

旅先で、ネット検索するときに知ったよ。。。すげー悲しかった。。。嘘であって欲しかった。。。旅から帰ってきたが、テレビニュースでもやっていて、少しずつ現実なんだと認識してきた。。。残念だ。
2009/05/05(火) 11:44:19 | URL | んとす #79D/WHSg[ 編集 ]

本当にビックリしました。 先日、ロックの学園をTVで見てて、学園長(清四郎さん)は、出張中って言ってたから、てっきり旅行か何かかと思ってたのに・・・
そんなに悪くなってたなんて。。。 本当に残念で、悲しい。。。
心からご冥福をお祈りいたします。
2009/05/05(火) 14:43:20 | URL | sabaraja #79D/WHSg[ 編集 ]

すとん<ホント、日が経つ毎に喪失感が大きくなっていく。。。
さばちゃん<身近なミュージシャンの死って堪える。。。
2009/05/05(火) 19:26:15 | URL | drivemycar #79D/WHSg[ 編集 ]

海の向こうの寛平ちゃんが悲しむな。
ジャパニーズロックの先駆者の一人だし、とんがってても人間味のあるすごくステキな人だったよね。
復活のときもほんと、癌だったなんて信じられなかった。
ずっとロックしっぱなしってイメージの人生。ある意味羨ましいけど、やっぱ早すぎるわ!!!
2009/05/06(水) 08:57:07 | URL | 黒猫藝帝 #79D/WHSg[ 編集 ]

ゲーテ<もう、本当に残念。。。
      この喪失感の大きさ。。。 
2009/05/06(水) 20:51:15 | URL | drivemycar #79D/WHSg[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。