Drivin' with The Devil

主に自作小説・ロック論・マンガ論などを”狭く深く”書いてます。 どうぞ気軽に楽しんでいってください。。。!! 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 毎度。。。!!

 

 突然だけどカヴァーって大別すると次の2種類になると思うのね。

 

 ?オリジナルに敬意を払い自分の個性を絡めたカヴァー

 ?オリジナルに敬意を払いオリジナルの完全再現を目指したカヴァー

 

 この「オリジナル&カヴァー~」では?を取り上げることがほとんど。

 

 で、今回は珍しく?パターンのカヴァーを取り上げてみようと思う。

 

 

 ”ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー”

 

 

 オリジナルはビートルズ。

 

 カヴァーはトッド・ラングレンでお送りする。

 

 

 Go。。。!!

 

 

●ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー : ザ・ビートルズ

 

 http://www.youtube.com/watch?v=-7NoOhmVMac

 

 1967年にリリースされたビートルズ14枚目のシングル(枚数はイギリス。”ペニー・レイン”との両A面)。

 

 作者はジョン・レノン。

 

 彼の幼少時代近所にあった孤児院”ストロベリー・フィールド”をモチーフにして作られたと言われている。

 

 人生の無常感を非常にシンプルかつ哲学的に描いた詞の世界、そしてそれを彩るサイケデリックな曲調がまさにバロックと呼びたい一体感・構成美を形成しており、ビートルズそしてジョンの代表作として非常に高い人気を誇っている。

 

 テンポもキーも異なる2つのヴァージョンをプロデューサーのジョージ・マーティンが1曲にまとめたエピソードはあまりにも有名。

 

 4トラックの録音機材しかなかった時代にこれだけの音を創り上げることができたのもマーティンの手腕に依るところが大きい。

 

 イントロの印象的なメロトロンを弾いているのはポール・マッカートニー。

 

 最初のヴァージョン(テイク7)はテンポを上げ、開始1分の辺りから入る別ヴァージョン(テイク20)はテンポを下げ、その結果ジョンのボーカル、サウンド共に何とも言えない不気味な雰囲気すら纏ったサイケサウンドが完成された。

 

 「目を閉じれば人生なんて簡単なもの…」という理屈抜きで素晴らしい歌詞を含めて永遠に聴き継がれるべき傑作である。

 

 映像は以前にも紹介したPV。

 

 サイケ期ビートルズの才気を堪能されたし。。。!

 

 

●ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー : トッド・ラングレン

 

 http://www.youtube.com/watch?v=KCVyK1ktV4k

 

 トッド・ラングレンはアメリカのミュージシャン。

 

 1970年にアルバム「ラント」でデビュー。

 

 ビートルズフォロワーとして有名であるトッドは音楽の才能に長けており、ブリティッシュロックに影響を受けた、どこか捻じ曲がったロック、ポップチューンを次々と作りだし一躍スターダムにのし上がった。

 

 代表作は1973年のアルバム「サムシング/エニシング?」でそこからシングルヒット”アイ・ソー・ザ・ライト”が生まれている。

 

 別活動でバンド、トッド・ラングレンズ・ユートピアを結成し活動していた時期もあり、1976年にユートピアで初来日を果たす。

 

 プロデューサーとしての手腕も高く、グランド・ファンク、XTC、バッドフィンガー、ホール&オーツらのプロデュースを行った。

 

 また、親日家としても知られレピッシュや高野寛のプロデュースも行った。

 

 61歳となった現在でも精力的に活動を続けている。

 

 トッドの”ストロベリー・フィールズ~”は1976年のアルバム「フェイスフル」(邦題”誓いの明日”)に収録。

 

 このアルバムはA面がカヴァーでB面がオリジナルという変わった構成で、他にも同じビートルズの”レイン”、ビーチ・ボーイズの”グッド・ヴァイブレーション”などが収められている。

 

 トッドの偏執狂的ポップセンスがこれでもかと味わえる名盤である。

 

 さて、”ストロベリー・フィールズ~”。

 

 凄い。。。!

 

 イントロのメロトロン、ボーカルの気だるさ、サウンドの質感に至るまで凄まじいまでの完コピぶりだ。

 

 もはや”音の職人”とでも呼びたい完成度にただ敬服。。。!

 

 ジョンとトッドはマスコミを通じて大喧嘩をやらかした過去があるけど、これを聴いてジョンは一人ほくそ笑んでいたのでは。。。?

 

 こちらも堪能されたし。。。!!

 

 

 

 

 ではまた次回^^

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
コメント

同じに聞こえる~凄い(。・"・。)ゞデシ!!
2009/12/28(月) 07:21:52 | URL | あ~たん☆☆ #79D/WHSg[ 編集 ]

金すまのオノヨーコ見てからコレ見るとまた思いが違ってきますねー。。(´┐`)
2009/12/28(月) 19:06:31 | URL | プログレ子 #79D/WHSg[ 編集 ]

あ~たん<そっくりでしょ。。。!
プログレ子さん<嗚呼、俺は未見です。。。^-^;
2009/12/29(火) 00:00:41 | URL | drivemycar #79D/WHSg[ 編集 ]

こういうカバーもあるんやね~! 
今、イエモンのトリビュート聞いてるけど、何組(人?)かは、吉井さんの真似っぽく聞こえる♪
2009/12/29(火) 23:15:11 | URL | sabaraja #79D/WHSg[ 編集 ]

?って・・・コピーっていわねぇ???
>さばちゃん
椿屋の「BURN」は似てるけど、うまいと思ったよw
2009/12/30(水) 17:15:33 | URL | 黒猫藝帝 #79D/WHSg[ 編集 ]

さばちゃん<イエモンのトリビュートがあるんだ。。。!
ゲーテ<これも立派なカヴァーでヤンス。。。!
2009/12/30(水) 20:21:13 | URL | drivemycar #79D/WHSg[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。