Drivin' with The Devil

主に自作小説・ロック論・マンガ論などを”狭く深く”書いてます。 どうぞ気軽に楽しんでいってください。。。!! 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今日仕事から帰宅した俺が最初に知ったニュースだった。

 

 ミュージシャンの加藤和彦氏が亡くなった。

 

 享年62歳。

 (ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091017-00000085-jij-soci

 

 ソースを読めばおわかりのことだが、自ら命を絶つという信じられない最期であったという。

 

 

 ちょっとショックが大きくてこの訃報をどう咀嚼して良いかわからないでいる。

 

 

 加藤氏がいなければ日本のミュージックシーンにフォークソングやロックンロールがここまで深く根付くことはなかったと思う。

 

 言うまでもなくフォークはフォーク・クルセダーズ、ロックはサディスティック・ミカ・バンド。

 

 各々のグループのリーダーとして加藤氏はそれこそ40年以上も前から今のJ-POPに繋がる活動を行ってきた。

 

 フォークルではともすれば定型化しがちな歌謡曲のアンチテーゼとしてある種タブーもありの楽曲(”帰って来たヨッパライ”、”イムジン河”など)で数多のフォロワーを生み出し、ミカ・バンドでは日本初と言っても良いグラムロックバンドとして綺羅星の如き名曲を(”タイムマシンにおねがい”、”アリエヌ共和国”など)を世に問うてきた。

 

 

 この場で氏の名曲をいくつか取り上げることで追悼したい。

 

 

●悲しくてやりきれない : ザ・フォーク・クルセダーズ

 

 http://www.youtube.com/watch?v=hfzxpHnIRis

 

 1968年発表のシングル。

 

 作詞は故サトウハチロー、作曲は加藤氏。

 

 同年に発表予定だったシングル”イムジン河”が様々な事情で発売中止になったことを受けて作られた曲であるのはあまりにも有名なエピソードだ。

  

 急に作った楽曲とは思えないほど美しいメロディーと構成を持ったバラードで、以後多くのミュージシャンにカヴァーされていることは周知の事実。

 

 ただでさえ泣ける曲なのに。。。

 

 

●あの素晴しい愛をもう一度 : 加藤和彦と北山修

 

 http://www.youtube.com/watch?v=xb5jomIPj6M

 

 1971年発表。

 

 元フォークルの二人が作った永遠に語り継がれるナンバー(作詞:北山、作曲:加藤氏)。

 

 もともとは加藤氏とミカが結婚した際に北山が贈った詞に加藤氏が曲を付けたいわばプライベートなものだったのだが、いざシングルとして世に出されると大ヒットを記録した。

 

 実に30人(組)以上のミュージシャンにカヴァーされていることからもこの曲の普遍的な良さが感じ取れると思う。

 

 本当に心の底から沁みる名曲。

 

 

●タイムマシンにおねがい : サディスティック・ミカ・バンド

 

 http://www.youtube.com/watch?v=eamXHctQ5DQ

 

 1974年発表の大傑作アルバム「黒船」収録曲。

 

 ミカ・バンドの代名詞ともいえるナンバーでオリジナルは当然だが、1989年の再結成(ボーカルは桐嶋かれん)、 2006年の再々結成(ボーカルは木村カエラ)でもライヴで演奏された。(カエラ期ではスタジオ盤も残された)

 

 35年前の曲とは思えないポップさとそこかしこに散りばめられたアヴァンギャルドさ(ミカによるところが大きい)が混ざり合った極上のロックチューンである。

 

 いつ聴いてもカッコイイ。。。!!

 

 

 

 

 

 冗談ではなく「悲しくてやりきれない」。

 

 

 合掌

 

 

 

 

スポンサーサイト
コメント

ビックリでした。なんでまたよりによって・・・の想いです。
ほんと名曲ばかりすね・・・。合掌。
2009/10/17(土) 22:25:56 | URL | Django64 #79D/WHSg[ 編集 ]

ジャンゴさん<今年は大物ミュージシャンが多く逝く年ですね。。。
2009/10/17(土) 22:50:26 | URL | drivemycar #79D/WHSg[ 編集 ]

何でなんだ。。。(´┐`)納得いかないなー。。。。
2009/10/18(日) 00:01:57 | URL | プログレ子 #79D/WHSg[ 編集 ]

これ聞いて本当にビックリで・・・切なくて・・・
邦楽あまりよく知らない私でもサディスティックは個人的に多大な影響を与えてもらってただけに本当にショックです・・・
今年は本当なんなんでしょうね・・・音楽界にとってなにか節目というか・・・転機というか・・・訃報続きでやりきれないです・・・
心よりご冥福をお祈りいたします・・・
2009/10/18(日) 03:48:35 | URL | Bear Pooh #79D/WHSg[ 編集 ]

プログレ子さん<うん、納得できませんね。。。
ベアーさん<ミカ・バンドは閃光でした。。。
2009/10/18(日) 21:38:55 | URL | drivemycar #79D/WHSg[ 編集 ]

鬱病を患っておられたそうですね。。。 本当に残念です。
心よりご冥福をお祈りいたします。
2009/10/19(月) 19:47:43 | URL | sabaraja #79D/WHSg[ 編集 ]

さばちゃん<日本の音楽界にとって大きな損失です。。。
2009/10/19(月) 23:34:03 | URL | drivemycar #79D/WHSg[ 編集 ]

毛色は違うけど、鬱というのは「死に至る病」なんだなと改めて思いました。
J-POPの最先端をひたすら先駆者として精力的に走ってきた氏にでさえも「やるべきことがなくなった」と言わしめた。
音楽とは無限に広がるものであることをよくご存知だったはずなのに。
若者音楽は確かにチャラいけど、すべてがそうでないってことも知ってるはずなのに。
氏の暖かな音楽。サイケでポップな音色。
彼の音楽をちょびっとでも歌わせてもらってる身としてはよくわかる。
泉谷しげるが「音楽は聴衆の胸にはいつまでも残り、もうほっといてくれっていったって、無駄な話だ。さて、どう生かしてやろうか」という名言を言ったけど、ほんと、音楽ってそういうもの。
心より、合掌。
そして、歌い続けていきます。
2009/10/20(火) 09:48:37 | URL | 黒猫藝帝 #79D/WHSg[ 編集 ]

ゲーテ<遺書の内容はショッキングだったね。。。
      けれども、遺書に反して音楽も加藤氏も語り継がれていくと思う、絶対に。 
     
2009/10/20(火) 22:36:48 | URL | drivemycar #79D/WHSg[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。