Drivin' with The Devil

主に自作小説・ロック論・マンガ論などを”狭く深く”書いてます。 どうぞ気軽に楽しんでいってください。。。!! 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 毎度。。。!

 

 今日は仕事。。。^-^;

 

 今ようやく落ち着いたとこ。

 

 

 で、今回は戯れに通勤時に聴いているiPodで今日の帰りにどんな曲が流れたかを公開するという極めて私的で極めてどうでもいい記事を書こうと思う。

 

 まぁ、「音楽ファイルバトン」のiPodヴァージョンだね。

 

 因みにこれを思いついたのが仕事終わった瞬間だったので、帰り道限定ということでご了承願いたい。

 

 まぁ、前にもやったような気はするけど。。。^-^;;;

 

 

 ではいってみよう。。。!!

 

 

●Level42 : 木村カエラ

 

 ご存じカエラのデビュー曲。

 パンキッシュで最高にノリの良いロックンロール。

 デビューから5年経過してもこの頃のピュアネスが彼女に残っているのが凄い。

 

●サクラサク : PUFFY

 

 PUFFYのファーストアルバム「amiyumi」収録曲。

 当時のプロデューサーである奥田民生の牧歌的な部分が前面に出たフォークソングである。

 

●バッド・オブセッション : ガンズ・アンド・ローゼズ

 

 ガンズのセカンドアルバム「ユーズ・ユア・イリュージョン?」収録曲。

 ブルースハープが印象的なロックチューンで、イジー・ストラドリンの作品。

 今のガンズが失ったブルースフィーリングが溢れた”隠れた名曲”。

 

●ルイジアンナ : キャロル

 

 日本が誇る伝説のバンド、キャロルのデビュー曲。

 矢沢永吉のソウルフルなボーカルとジョニー大倉の甘いコーラスが実に好対照。

 

●ザ・ハンター : フリー

 

 「フリー・ライヴ」収録曲。

 アルバート・キングのカヴァー。

 フリーらしい粘っこいブルースロックに仕上がっている。

 

●ハイダウェイ : クリーム

 

 解散後にリリースされた「ライヴ・クリーム Vol.2」に収録された壮絶インスト。

 もとは”ステッピン・アウト”というインストであったが、エリック・クラプトンのギターソロが延々と続く即興ナンバーへと変貌した。

 13分以上続くギターソロはロックの完成形の一つと言っても過言ではない。

 

●クレイジー : エアロスミス

 

 エアロスミス1993年の大ヒットアルバム「ゲット・ア・グリップ」収録ナンバー。

 ドラッグによる低迷期から華々しく復帰した新生エアロの特徴であるメロディーの良さが効いたバラード。

 

●ヴァイブレーター : テレンス・トレント・ダービー

 

 孤高の天才ミュージシャンテレンス(現サナンダ・マイトレイヤ)の4thアルバムのタイトルチューン。

 目まぐるしい展開が強烈なファンクロックチューンである。

 

●はいからはくち : はっぴいえんど

 

 これまた日本が誇る伝説のバンドのロックナンバー。

 俺が持っているのはベスト盤「CITY」に収録された別ヴァージョン。

 松本隆が織りなす不可解な詞の世界を見事にロックに昇華させた大滝詠一の曲とボーカルに驚愕。。。!

 

●青い空の心(No me?More no!) : サザンオールスターズ

 

 シングル”恋するマンスリー・ディ”のカップリングでオリジナルアルバム未収録曲。

 軽快なポップチューンで当時彼らが出演していた三ツ矢サイダーのCMソングとしても知られている。

 そのせいか歌詞に頻繁に“サイダー”が登場するのが楽しい。

 

●シャウト : ザ・ビートルズ

 

 アイズレー・ブラザーズのカヴァー。

 「アンソロジー1」に収録されている。

 メンバー4人が代わる代わるボーカルを担当するビートルズにありそうでなかったスタイルが面白い。

 (ポール→ジョン→ジョージ→リンゴの順)

 

 

 以上。。。!!

 

 「音楽ファイルバトン」よりもシンプルな曲解説にしてみた。。。^-^

 

 ネタがなかったら(^-^;)今後もやっていこうと思う。

 

 

 ではラストに音源紹介。

 

 

●ルイジアンナ : キャロル

 

 http://www.youtube.com/watch?v=kA9wNoLkXFI

 

 映像は「ヤングインパルス」というTV番組でのスタジオライヴで1974年頃の映像。

 

 2003年にリリースされた「ザ★ベスト」の初回限定盤にボーナスDVDとして収められた。

 

 ちょうどジョニー大倉が失踪騒ぎを起こしていた頃のもので、彼のコーラスとギターがないのは物足りないが、それを補って余りあるのが永ちゃんの超強力なボーカルとベースプレイ。

 

 特に指がよく動くベースが秀逸。。。!

 

 よくこんなフレーズ弾きながら歌えるなぁと感動。。。

 

  

●ヴァイブレーター : テレンス・トレント・ダービー

 

 http://www.youtube.com/watch?v=IJWMCgCdaF0

 

 1995年、ロンドンでのライヴ映像。

 

 恐ろしいまでにグルーヴするファンクロックサウンドに鳥肌が立つ。。。!

 

 彼はもっと評価されるべき。。。!!

 

 

 

 

 

 ではまた次回^^

 

 

 

スポンサーサイト
コメント

おっ!ガンズが入ってる!!!
今日、来日のポスターを目撃してんけど、何故か『民主』の文字が!?
何か関係があるのでしょうか???
・・・記事とあんまり関係なくて、ごめんなさいです。。。
2009/10/12(月) 02:01:09 | URL | sabaraja #79D/WHSg[ 編集 ]

さばちゃん<新作が「チャイニーズ・デモクラシー」だからだね>民主
2009/10/12(月) 18:37:26 | URL | drivemycar #79D/WHSg[ 編集 ]

iPodって持ってないけど中身は気になってた~
2009/10/14(水) 11:13:43 | URL | あ~たん☆☆ #79D/WHSg[ 編集 ]

あ~たん<買ってみては。。。?
       便利です。。。^-^
2009/10/15(木) 01:15:27 | URL | drivemycar #79D/WHSg[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。