Drivin' with The Devil

主に自作小説・ロック論・マンガ論などを”狭く深く”書いてます。 どうぞ気軽に楽しんでいってください。。。!! 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 毎度。。。!

 

 今回の「ドラ思い出の一曲」はプロレスにまつわるロックの超名曲を紹介しよう。

 

 

 ”ワン・オブ・ジーズ・デイズ”(ピンク・フロイド)。。。!

 

 

 Go。。。!!

 

 

●ワン・オブ・ジーズ・デイズ : ピンク・フロイド

 

 http://www.youtube.com/watch?v=DQvG2SMVl84

 

 アブドーラ・ザ・ブッチャー&タイガー・ジェット・シン入場シーン

 

 http://www.youtube.com/watch?v=qwZma-aZ_rk

 

 ”ワン・オブ・ジーズ・デイズ”はピンク・フロイドの代表曲の一つで、1971年発表のアルバム「メドル」(邦題:おせっかい)に収められている。

 

 邦題”吹けよ風、呼べよ嵐”での方が圧倒的に知られているだろう。

 

 当時のメンバーであるロジャー・ウォーターズ(ベース)、デヴィッド・ギルモア(ギター)、リチャード・ライト(キーボード)、ニック・メイスン(ドラムス)ら4人の共作。

 

 風のSEが耳を撫ぜる数十秒間の後、延々とBを刻む(時折Aも入るが)ベースの音色が不気味だ。

 

 そこにドラム、ギターが加わり、「One of these days, I'm going to cut you into pieces」の叫びと共に狂気のスライドギターが奏でられることで頂点を迎える。

 

 極めて単純な構成でありながら聴く者の心を捉えて離さない魅力があるのは、曲全体を覆い尽くす”不気味さ”によるところが大きい。

 

 6分近い長尺演奏であるが緊張感が全く途切れないのも素晴らしい。

 

 日本ではこの曲は”黒い呪術師”アブドーラ・ザ・ブッチャーのテーマ曲と知られ、フロイドはおろかロックのロの字も知らないジャリファン(俺含む)にフロイドの存在、果てはプログレッシヴロックの存在まで見せつけることとなった。

 

 他にもプロレスラーの入場テーマ曲にロックナンバーが用いられるケースは多く、俺はブルーザー・ブロディのテーマ”イミグラント・ソング”(レッド・ツェッペリン  邦題:移民の歌)やミル・マスカラスのテーマ”スカイ・ハイ”(ジグソー)などを知った。

 

 その中でも”ワン・オブ~”は格別の一曲だ。

 

 この曲を聴くとフロイドよりも真っ先に頭にターバンを巻き、空手ズボンを穿き、先の尖ったシューズを履いた超悪役、それでいてどこか憎めないユーモラスさも持ち合わせていたブッチャーを思い出すからだ。

 

 ブッチャーの入場シーンも紹介するので対で楽しんでいただきたい次第。。。^-^

 

 

 

 ではまた次回^^

 

 

 

スポンサーサイト
コメント

いつ頃だったのかブッチャーもタイガー・ジェット・シンも夢に出るほど怖かったー
2009/08/27(木) 23:01:19 | URL | あ~たん☆☆ #79D/WHSg[ 編集 ]

あ~たん<昔の悪役レスラーには凄味がありましたからね。。。
2009/08/28(金) 00:02:35 | URL | drivemycar #79D/WHSg[ 編集 ]

あああー
馬之介ってまだご存命?
2009/08/28(金) 18:17:29 | URL | 黒猫藝帝 #79D/WHSg[ 編集 ]

ピンク・フロイド、懐かしいねぇ。。。
確かに、ブッチャーとかって、子供心に、本当の怖さがあったなぁ・・・
2009/08/28(金) 20:19:40 | URL | sabaraja #79D/WHSg[ 編集 ]

ゲーテ<生きてます。
      けど、交通事故の後遺症で車椅子生活。。。
さばちゃん<フロイド聴いてたのかな。。。?
2009/08/29(土) 01:17:10 | URL | drivemycar #79D/WHSg[ 編集 ]

実はピンクフロイドあんまりよく知らない・・・
二枚しかアルバムないです;;
2009/08/31(月) 10:27:09 | URL | Bear Pooh #79D/WHSg[ 編集 ]

ベアーさん<プログレもイイもんですよ。。。^-^
2009/08/31(月) 23:27:09 | URL | drivemycar #79D/WHSg[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。