Drivin' with The Devil

主に自作小説・ロック論・マンガ論などを”狭く深く”書いてます。 どうぞ気軽に楽しんでいってください。。。!! 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 毎度っ。。。!

 

 またまた5ヶ月のブランク明けとなった「ブラック・ジャック」(以下B.J)論。

 

 間隔空いちゃったなぁ。。。^-^; 

 

 

 まぁ、キッチリ最後までやっていくんで。。。!!

 

 

 なお「B.J」は様々な形で単行本化されているが、ここでは俺が所持している秋田書店の少年チャンピオンコミックス版(全25巻)に準じて語っていく。

 

 

第105話 コマドリと少年

 

 あらすじ

 ある日ブラック・ジャック(以下B.J)宅の庭にお金が落ちているのをピノコが発見する。

 お金は毎日置かれて、小銭だったり1,000円札だったり様々であった。

 B.Jが庭を観察していると置き主がコマドリだとわかる。

 夏鳥のコマドリが何故冬の日本にいるのか?

 B.Jはコマドリが何を求めているのか確かめるべく後を追う。

 

 「B.J」には人間と動物の心の交流を描いたエピソードも意外に多い。

 これもその中の一本。

 ちょっとネタばれだが、手術の依頼主をコマドリにするところに手塚のストーリーテラーとしての手腕の見事さを見る。。。!

 不条理で訪れるエンディングの苦さも手塚ならではか。

 

 

第106話 ホスピタル

 

 あらすじ

 B.Jは学生時代の友人である辰巳(たつみ)医師を訪れるべく中立病院へやって来た。

 そこは東亜大学出身の医長王仁川(わにがわ)が全てを牛耳る学閥で封建的な病院だった。

 辰巳はエウィング肉腫に侵されたピアニストの少年の腕を切り落とせと主張する王仁川に反抗し、B.Jに切らずに済む手術を依頼する。

 一度は断ったB.Jだったが…

 

 医療現場の暗部をさりげなく突いた一編。

 「きりひと賛歌」で大々的に展開した山崎豊子の「白い巨頭」への対抗心がここでも見てとれる。

 B.Jが何故手術を引きうけたのか、この理由こそB.JのB.Jたるアイデンティティだと思う。

 自らの(または近しい者の)プライドが関わると彼は異常に燃えるし、そこが好きだ。

 辰巳医師はこの後もう一度別エピソードで登場するが、実に良いバイプレイヤー。。。! 

 

 

第107話 こっぱみじん

 

 あらすじ

 内戦が続くとある国での出来事。

 亡命した大統領夫人はB.Jに大統領が怪我をした場合の治療を依頼する。

 B.Jは150億ドルを要求し、大統領がこっぱみじんになった場合を除いて治療することを引き受ける。

 そうして大統領宮殿に乗り込んだB.Jだったが既に大統領は精神が錯乱した状態であった。

 そんな中大統領の息子ギューはB.Jに父を助けるなと懇願する。

 

 ”金の亡者”の仮面を被ったB.Jが一瞬にしてヒューマニストに変身する展開が素晴らしい。

 何よりもここで主張されているのは「傷つくのはいつも市井の人々」という部分だ。

 手塚作品の重要なモチーフであるこの部分をわずか20ページ弱に詰め込んだ手塚はやはり天才。。。!

 

 

第108話 お医者さんごっこ

 

 あらすじ

 ガキ大将のコングと役者の息子キートン。

 キートンはいつもコングにからかわれていた。

 コングには結核を長く患っている妹チャコがいる。

 チャコは兄にB.Jの治療を受けたいとせがむ。

 困ったコングはキートンにB.Jになりすまして治療の演技をするように頼み込むが…

 

 コングとキートンの関係は完全にいじめっこといじめられっこのそれなのだが、陰湿な感じがないし、キートンも反撃する。

 こうした子供同士の良い関係というのは今も通用するのだろうか?

 読んでて心が温まるエピソードなのだが、そこを考えると日本社会ってどう進んできたのだろうとちょっとブルーな気分になる。

 B.Jが登場するのはラスト3ページ。

 それでも物語が成立するのだから凄い。

 

 

第109話 湯治場の二人

 

 あらすじ

 B.Jは自身の古傷を癒すためにとある湯治場に来ていた。

 そこで彼はかつてイデオロギーを闘わせた鍼師琵琶丸と再会する。

 実はB.Jには湯治の他に目的があり、琵琶丸も同様だった。

 二人の行く先は同じ。

 そこは…

 

 第11巻収録の「座頭医師」に登場した琵琶丸が再登場。

 ここではかつてのイデオロギー対決は影を潜め、代わりに腕を認め合った者同士が感じる奇妙な連帯感が楽しめる。

 「私には切るだけが人生なんだ」

 ラストでこう呟くB.Jに胸を打たれる名エピソード。

 

 

第110話 研修医たち

 

 あらすじ

 南米から帰国したB.JをQ市中央病院の研修医たちが待ち構えていた。

 彼らは自分たちに雑仕事しかさせない外科医長の山裏(やまうら)博士に反発して一人の患者を診察するも、博士に激怒され八方塞りの状態となっていた。

 そこでB.Jに助けを乞う。

 B.Jは彼らの甘い考えに呆れ、一度は治療のサポートを断るのだが…

 

 このエピソードも医療現場の暗部を突いた好編。

 完全に山裏博士寄りの考えであるB.Jがヒューマニストとしての一面を厳しく、丁寧に研修医たちに教える様が素晴らしい。

 そしてこの話の影の主人公はピノコ。

 おみやげに「わがむすめピノコへ」と書かれ激昂する彼女の心の揺れが可愛い。

 

 

第111話 悲鳴

 

 あらすじ

 Y高校放送部でアナウンサーを務める朝戸(あさと)レイは誰もが聴き惚れる美声の持ち主だった。

 しかし、ある日突然声がガラガラになってしまう。

 B.Jの所へ診察に訪れたレイとボーイフレンドの山田野(B.Jの恩師山田野先生の孫)。

 B.Jの診断は声帯ポリープですぐに手術が行われ、無事成功するが…

 

 フィクションとして読んでいる分には面白いのだが、B.Jのレイに対する仕打ちがあまりにひどい。

 たとえ、それがB.Jの考えに合わない患者だとしてもだ。

 まぁ、目くじら立てずにB.Jの親心を読みとるのがいいかな。

 

 

第112話 落としもの

 

 あらすじ

 重度の横隔膜ヘルニアに侵された妻を救うべくB.Jへの治療費として3000万円もの大金を都合した男。

 しかし、彼は駅のトイレのごみ箱に小切手の入った封筒を落としてしまう。

 気づいて必死になってごみ集積所の中を捜し続ける男。

 結局小切手は見つからず彼は手ぶらでB.Jのもとを訪れる。

 

 真剣に妻を助けたいと常識では考えられない行動に出る男に心を突き動かされるB.J。

 そのやり取りが素晴しく、最後まで一気に読むことのできる逸品。

 ラストのB.Jのとぼけた態度にまた心が和む。

 

 

第113話 奇妙な関係

 

 あらすじ

 B.Jの近所でカーチェイスが繰り広げられ、重傷を負った二人とも自力でB.Jの所へ治療を求めにやって来る。

 銃創による重傷を負った男は銀行強盗で両足骨折の男はそれを時効寸前に追い詰めた刑事だった。

 刑事は相手が犯人だと知らずに彼を助けるべく肝臓の一部を提供する。

 

 お互いが敵同士なのにその素性を知らずに交流を深めていくというドラマはよくあるが、そこに”医療”が挟まると実に新鮮に読むことができる。

 一見刑事が可哀想に思えるドラマ展開だが、きっちり救済を用意している。

 ハッピーエンドとバッドエンドをTPOに応じて描き分ける手塚はやはり天才。。。!

 

 

第114話 上と下

 

 あらすじ

 とある大企業の社長が仕事中に大動脈瘤の破裂で意識不明に陥る。

 彼の血液型はRh-だった。

 偶然居合わせたB.JとRh‐の血液型を持つ現場作業員のおかげで社長は助かる。

 そこから社長と作業員の交流が始まるのだが…

 

 異なる立場でありながら、二人にしかない共通点を持つ社長と作業員の心温まるエピソード。

 B.Jは最初と最後にしか登場しないが、ラストでは非常に重要な役割を担っている。

 

 

 

 12巻はよくできた小品揃いという印象がある。

 

 そして、これまでの巻よりも”ヒューマニスト”としてのB.Jを描いたエピソードが多い。

 

 短編集としての「B.J」が完全に定着した結果だと思う。

 

 そんな中辰巳医師や琵琶丸といったサブキャラが時折出ることで大河ドラマとしての性質も維持しているのだから「B.J」が傑作として名高いのもわかろうというもの。。。!

 

 是非ご一読を。。。!

 

 

 

 

 

 ではまた次回^^

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
コメント

BJは必ずしもハッピーエンドに終わらない作品群なのよね。
動物がらみはほんと、泣けてしまうのよ。
「ポケットモンキー」とか号泣で。
ほんでもって、コマドリの健気さとか泣けちゃうのよね。
2009/03/16(月) 15:22:19 | URL | 黒猫藝帝 #79D/WHSg[ 編集 ]

ゲーテ<ヘタな動物番組よりリアリティがあるんだよなぁ。。。
2009/03/16(月) 22:18:38 | URL | drivemycar #79D/WHSg[ 編集 ]

BJで思い出したことが一つありました。(既に書いたかもしれませんが)
以前仕事上でご縁のあった方の息子さんが通う中学校の図書室に
BJ(漫画)があったのだそうです。漫画本は他にもあるらしく人気なんですって。
私も学校の図書室でBJを読んでみたかったですね。
2009/03/19(木) 08:12:11 | URL | nami丸 #79D/WHSg[ 編集 ]

なみちゃん<図書館に漫画があるって楽しそうだね。。。!
2009/03/20(金) 23:03:58 | URL | drivemycar #79D/WHSg[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。