Drivin' with The Devil

主に自作小説・ロック論・マンガ論などを”狭く深く”書いてます。 どうぞ気軽に楽しんでいってください。。。!! 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

収録曲

 

ディスク1 


1.マリアンヌ 
2.時計をとめて 
3.からっぽの世界 
4.われた鏡の中から 
5.裏切りの季節 
6.ラブ・ジェネレーション 
7.薔薇卍 
8.どこへ 
9.遠い海へ旅に出た私の恋人 
10.つめたい空から500マイル 
BONUS TRACK

11.この道(Single) 
12.からっぽの世界 (Early Single Version) 
13.いい娘だね (Early Single Version) 
14.マリアンヌ (Early Single Version) 
15.時計をとめて (Early Single Version) 


ディスク2 


1.ジョーのロック 
2.この青い海に 
3.堕天使ロック 
4.運命の囚人 
5.トゥ・ラヴ・ユー 
6.Dm4-50 
7.花が咲いて 
8.君をさらって 
9.ロール・オーヴァー・ゆらの助 
10.ハウ・トゥ・ラヴ 
11.敵は遠くに 
BONUS TRACK

12.花が咲いて (Alternative Version) 
13.ロール・オーバー・ゆらの助 (Alternative Version) 

 

ディスク3 


1.遠い海へ旅に出た私の恋人 (Early Radio Session) 
2.地獄の季節 (Early Radio Session) 
3.ピコの唄 (Early Radio Session) 
4.からっぽの世界 (Acoustic Radio Session) 
5.マリアンヌ (Acoustic Radio Session) 
6.われた鏡の中から (Acoustic Radio Session) 
7.いい娘だね (Radio Session) 
8.からっぽの世界 (Radio Session) 
9.この道 (Radio Session) 
10 時計をとめて (Radio Session) 
11.RADIO ANNOUCE 1 
12.からっぽの世界 (Live Version) 
13.RADIO ANNOUCE 2 

 

 



 
 
BOXのケース

 

 

オリジナル通りに復刻された紙ジャケのディスク3枚と解説書。
 
「ジャックスの世界」のオビに書いてある”あぶない音楽”というキャプションが最高。。。!

 

 

 

 

 

 2008年は俺が敬愛して止まないバンド、ジャックスがデビュー40周年を迎えた年だった。

 

 そしてこの”伝説のカルトバンド”の40周年を祝ってリリースされた3枚組BOXがこれ。

 (他にジャックスが音楽を担当したピンク映画「腹貸し女」のサントラもリリースされた。)

 

 その内訳はオリジナルアルバム「ジャックスの世界」(1968年)、「ジャックスの奇蹟」(1969年)に解散後にリリースされたラジオライヴ集「Echoes In The Radio」(1986年)の3枚にボーナストラックを加えたもの。

 

 まずオリジナルアルバムについては過去記事でかなり熱っぽく書いたのでそちらを参照されたし。

 

 過去記事?:http://myhome.cururu.jp/drivemycar1965/blog/article/41001769358

 過去記事?:http://myhome.cururu.jp/drivemycar1965/blog/article/41001797751

 

 

 ディスク1のボーナストラックは11がアルバム未収録のシングルで、残りの4曲は東芝でレコーディングする前にインディーズレーベル、タクトでレコーディングされた別テイク。

 

 11はベストアルバム「ゴールデン・ベスト」などで聴けるし、12~15も「からっぽの世界‐タクト・デイズ‐」で聴くことができる。

 

 ディスク2のボーナストラックは俺は聴いたことがない別テイクでオムニバス「極東ロック・レア・トラックス」に収録されている。

 

 ディスク3は1~10が既出音源(3と8は初CD化)でそれ以外は全くの初登場テイクとなる。

 

 完全初登場音源は1曲(RADIO ANNOUCEはジャックスを紹介するDJのアナウンス)。

 

 40周年記念BOXで正直このようなセレクトは物足りない。

 

 カルトであるが故に熱心なファンの多いジャックスには現在聴けない音源がいくつも存在する。

 

 「LIVE 68'7'24」や廃盤になっている「ジャックスCDBOX」に入っていた「ジャックス・ショウ」などだ。

 

 それら貴重音源も思い切って復刻するべきだったのではと思っている。

 

 とはいえ、SHM‐CDで甦ったオリジナルアルバムの音質は極上だし、オビまで詳細に再現した紙ジャケも実に趣がある。

 

 そしてジャックスを聴いたことがない人にも彼らの魅力をダイレクトに伝えるBOXになっていると思う。

 

 駄曲が1曲もないので評価は★5つ。。。^-^

 

 

 

 まぁ、楽しみが先に延びたと思ってジャックス音源の完全復刻を待とう。。。!

 

 今度は「腹貸し女」のサントラ買わなきゃ。。。^-^

 

 

 

 ラストは音源紹介。。。!

  

 

●マリアンヌ

 

 http://www.youtube.com/watch?v=bgQyW5bn4is

 

 以前タクトヴァージョンを紹介したが、今回はディスク1の1曲目、所謂正規ヴァージョンを紹介する。

 

 アンサンブルというものを全く意識しないで勝手にプレイする(ように見える)各メンバーのぶっ飛び具合が最高にクールだ。。。!

 

 それらを完全に凌駕する早川義夫のボーカルに打たれる。

 

 40年経っても”異質な名曲”に乾杯。。。!!

 

 

 

 ではまた次回^^

 

 

 

 

スポンサーサイト
コメント

これぶっとおしで聞いてたら、確実に鬱になるか、通り越してランナーズハイみたいになるかどっちかだな・・・。
2009/03/09(月) 10:41:09 | URL | 黒猫藝帝 #79D/WHSg[ 編集 ]

ゲーテ<俺ぶっ通しで聴いても何ともない。。。^-^;
2009/03/09(月) 21:37:33 | URL | drivemycar #79D/WHSg[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。