Drivin' with The Devil

主に自作小説・ロック論・マンガ論などを”狭く深く”書いてます。 どうぞ気軽に楽しんでいってください。。。!! 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 毎度。。。!

 

 地味に続いている(?)「音楽ファイルバトン」を久々にやってみたい。

 

 

 Let's go。。。!! 

 

 

【音楽ファイルバトン】


*ルール

1.PCファイル内の全音楽ファイルが対象。

2.音楽プレイヤーでランダム再生。

3.流れた10曲のタイトルとアーティストを包み隠さず書く。

4.貴方の趣味を赤裸々に公開しなさい。

5.変な曲が出ても泣かない。

6.ただし多少の言い訳は許す。


 


1曲目

 

東へ西へ : 井上陽水

 

 陽水初期の代表曲で1972年のアルバム「陽水II センチメンタル」収録。

 

 1990年代には本木雅弘がカヴァーしたことでも知られる。

 

 演奏時間4分11秒。

 

 既にフォークの枠を超えたポップなサウンドに乗せて「床に倒れた老婆が笑う」、「君は嬉しさ余って気がふれる」(聴き取り)など一種異様な歌詞世界が展開される。

 

 それもあってかアングラな雰囲気も漂う名曲。

 

 

2曲目

 

エイント・ザット・ア・シェイム : ジョン・レノン

 

 ジョンの傑作カヴァーアルバム「ロックンロール」(1975年)収録ナンバー。

 

 演奏時間2分32秒。

 

 オリジナルはファッツ・ドミノ。

 

 ファッツの持つ大衆的な部分と黒い部分をしっかりと浮き彫りにしてみせるジョンの表現力は流石。。。!

 

 俺は大学時代この曲をコピーしたので思い入れも強い。 

 

 

3曲目

 

さすらい : 奥田民生

 

 1998年のシングルでアルバム「股旅」収録。

 

 演奏時間3分23秒。

 

 民生らしい独特のひねくれたコード進行から生まれるメロディーも良いし、旅をモチーフにした歌詞も実に味わい深い。

 

 大サビでのボーカルを聴くと、改めてこの人は歌が上手いなと再認識させられる。 

 

 

4曲目

 

ロール・ウィズ・イット : スティーヴ・ウィンウッド

 

 1988年リリースのアルバムのタイトルチューン。

 

 演奏時間5分21秒。

 

 スペンサー・ディヴィス・グループ→トラフィック→ブラインド・フェイスと渡り歩いてきた”天才少年”スティーヴのソロ活動の到達点が「バック・イン・ザ・ハイ・ライフ」(1986年)とこの「ロール・ウィズ・イット」であると思う。

 

 シンプルで小粋な感じが何ともカッコイイ。。。!

 

 R&Bを下敷きにしてAORよりも更に洗練されたサウンドを創り出したのは見事という他ない。

 

 何度聴いても飽きない逸品。。。! 

 

  

5曲目

 

ドライヴ・マイ・カー~ザ・ワード~ホワット・ユーアー・ドゥーイング : ザ・ビートルズ

 

 2006年のリミックスアルバム「LOVE」収録。

 

 演奏時間1分54秒。

 

 ビートルズナンバーというよりはジョージ・マーティン&ジャイルズ・マーティン親子がシルク・ドゥ・ソレイユのミュージカルのために作った音のコラージュという位置付けが正しいと思う。

 

 賛否両論あったがリマスター盤が出た今なら個人的には”あり”だと思う。  

 


6曲目

 

らいおんハート : SMAP

 

 ジャニーズが誇る90年代№1アイドルグループの大ヒット曲。(2000年)

 

 ドラマ「フードファイト」の主題歌でもあった。

 

 演奏時間4分22秒。

 

 作詞を脚本家の野島伸司が担当したことでも話題になった。

 

 私的2番目に好きなSMAPのバラード。(不動の1位は”夜空ノムコウ”) 

 

 間奏のアコギの音色を聴くと失った思い出が蘇ってくる。。。

 

 

7曲目

 

桜坂 : 福山雅治

 

 ご存知福山最大のヒット曲で2000年リリースの全シングル中売り上げ2位を記録した。

 

 演奏時間4分59秒。

 

 バラエティ番組「ウンナンのホントコ!」内のコーナー「未来日記」で使われたのが印象深い。

 

 記憶に間違いがなければ福山自身も登場したはず。

 

 シンプルな歌詞、メロディー、アレンジなのに聴く者の胸をひどく打つのはこの曲が名曲である証拠だろう。

 

 この曲の背後に見え隠れする福山のザ・バンドや二ール・ヤングに対する愛情がファンとしては嬉しい。

 

 

8曲目

 

永遠にアムロ : 池田鴻

 

 アニメの金字塔「機動戦士ガンダム」(1979年)のエンディングテーマ。

 

 演奏時間3分1秒。

 

 徹底してリアルに戦争描写、人間描写に拘った作品だっただけに、主題歌やBGMも完成度が高いものが多い。

 

 この曲も主人公アムロ・レイにスポットを当てた名バラード。

 

 

9曲目

 

いとしのエリー : サザンオールスターズ

 

 1979年リリースのシングルでアルバム「10ナンバーズからっと」収録。

 

 演奏時間4分24秒。

 

 今更説明不要。

 

 永遠のスタンダードナンバー。  

 

 

10曲目

 

ブラウン・シュガー : ザ・ローリング・ストーンズ

 

 2003年リリースの「Live Licks」収録ヴァージョン。

 

 オリジナルの何とも形容し難いグルーヴ感には敵わないが、キース・リチャーズが奏でるオープンGチューニングギターのイントロに持っていかれる。。。!!

 

 

 

 

 以上。。。!

 

 

 ラストは音源紹介。 

 

 

●東へ西へ : 井上陽水

 

 オリジナル:http://www.youtube.com/watch?v=FRk6ylLtr9Y 

 スタジオライヴ:http://www.youtube.com/watch?v=IAbmOJTYNfY

 

 オリジナルは音源のみ。

 

 若い頃のどことなく刺々しい、それでいて優しさのあるボーカルが美しい。

 

 スタジオライヴはNHK-BSの特番でギタリスト押尾コータローとのコラボ。

 

 これが超カッコイイ。。。!

 

 押尾の超絶テクニックも凄いが、負けずに良いところを見せる陽水のギター、そして枯れてもなお個性を失わないボーカルを観ているうちに涙腺が緩んだ。。。

 

 

●ロール・ウィズ・イット : スティーヴ・ウィンウッド

 

 http://www.youtube.com/watch?v=gulbQHIUdA8

 

 PV。

 

 音はもちろん最高にカッコイイけど、映像もイイね。。。!

 

 うん、カッコイイ。。。!!

 

 

 

 

 

 ではまた次回^^

 

 

スポンサーサイト
コメント

NHKの「SONGS」は陽水の特集ですな。
そして何故かアナタ様のトラックに桜坂が入ってる違和感・・・。
2009/11/17(火) 23:25:09 | URL | 黒猫藝帝 #79D/WHSg[ 編集 ]

(ノ^o^)ノ オオオオオオォォォォォ~♪ 桜坂~!!!
私もドラさんが、福山っていうイメージがあまりなかった。。。
2009/11/17(火) 23:43:59 | URL | sabaraja #79D/WHSg[ 編集 ]

ゲーテ<普通に聴くぞなもし。。。^-^
さばちゃん<まぁ、あまり書かないしね。。。^-^;
2009/11/18(水) 00:58:29 | URL | drivemycar #79D/WHSg[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。