Drivin' with The Devil

主に自作小説・ロック論・マンガ論などを”狭く深く”書いてます。 どうぞ気軽に楽しんでいってください。。。!! 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GOLDEN☆BEST/キャンディーズGOLDEN☆BEST/キャンディーズ
(2002/06/19)
キャンディーズ

商品詳細を見る




●アン・ドゥ・トロア : キャンディーズ


4月28日にTBS系列で放送された田中好子さんの追悼特番を今日観た。

キャンディーズ時代と女優時代の活躍、特にキャンディーズの解散コンサートを軸として余計なコメントの類を一切排除した番組構成が素晴らしくずっと見入った。

女優としてのスーちゃんの魅力も非常に大きいものがあるがやはりキャンディーズ時代の輝きは永遠のものだなと強く感じた次第。

数多いキャンディーズのヒット曲の中でも改めて聴き惚れたのがこの”アン・ドゥ・トロア”だ。

1977年9月リリースで15枚目のシングル。

解散宣言を受けての発表だったからかはわからないが曲全体をある種の諦念のようなものが支配している。

喜多条忠が作ったどことなく生々しい性の匂いがする歌詞、吉田拓郎がメロディーメーカーぶりを発揮した美しい曲、そしてキャンディーズ3人のユニゾンとハモリが行き交うボーカルのどれもが素敵だ。



「アン・ドゥ・トロア、今がその時もう戻れない」


泣ける。。。


スポンサーサイト
●やさしい悪魔 : キャンディーズ



今更だけどキャンディーズって凄かったなと思わされてる。

アイドルとアーティストの間を振り子のように行ったり来たりすることができるグループだった。

「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」などのバラエティ番組にも積極的に出演していたからバラドルの元祖なんていう言われ方もするが全然モノが違う。

真剣にバラエティに取り組み、それでいてアイドルの仮面を完全に脱ぐことはしなかった。

凄い。

そしてモーニング娘。やAKB48といったグループの源流という位置付けもされているようだが全然モノが違う。

それはこの”やさしい悪魔”の映像を観れば一目瞭然だ。

歌・踊り共に計算され尽くしたものであるが、その中できっちり自己主張してみせるキャンディーズは素晴らしい。

何より一歩間違えると下品になってしまう衣装を着ても品を失っていないところがいい。

この品の良さは残念ながら今のアイドルと呼ばれている娘さん方には決して出せない。

良くも悪くも今のアイドルは「素」を売り物にさせられているからだ。

それでは「アイドル=偶像」的世界観は生まれてこない。

どちらが良いのかは俺にはわからない。

けど、俺はキャンディーズの品の良さが好き。

改めて彼女たちの魅力を感じた。




謹んで田中好子さんのご冥福をお祈りいたします。




昨日の雪にも負けずに満開状態の桜。。。♪


パッと咲いてパッと散るけど逞しい。。。!
201104181549000.jpg







201104181550000.jpg








201104181557000.jpg








201104181557001.jpg








201104181557002.jpg








宮城県の桜は今が見頃。。。♪






プチ現実逃避(爆)
BBCライヴBBCライヴ
(1997/10/25)
レッド・ツェッペリン

商品詳細を見る



●コミュニケイション・ブレイクダウン : レッド・ツェッペリン


相変わらず地震は頻発するし、ちょっと家から離れると多賀城市内は瓦礫や廃車だらけでまるでゴーストタウンだし、在来線復旧の見込みは立たないしという環境の中で生活しているけど、真っ暗闇の中でいつどうなるかわからない状態の中で生活していた一月前を思うと幸せだなと思う。

福島第一原発もレベル7がどうとか先の見えない状態になっているけど、そんなことすら知らない状況の中で生活していた一月前を思うと情報が入ってくるって幸せだなと思う。

ネットを見ていると誰もが原発問題に関して右往左往している。

もはや何が本当で何が嘘なのかもわからないほどいろんなことが氾濫している感じだ。

俺個人としては余程のことがない限りここで生き抜いていくので精一杯という思いに変わりはない。

もちろん政府(自民党含む)や保安院・東電に対する怒りはある。

けど、生きていくだけで精一杯。

だからどうか被災地以外に住んでおられるメディア上で怒りを爆発させている皆様、紙や電脳世界の中だけで吠えてないでデモでも何でもやって政府転覆させちゃってください。


さて、気分がクサクサした時は轟音ロックに限る。

今日はレッド・ツェッペリンの「BBCライヴ」がお供。

2枚組で1枚目が1969年、2枚目が1971年のスタジオライヴを収録している。

若き日のZEPの野獣の如き演奏を真空パックすることに成功したこのアルバムに捨て曲は一切ない。。。!

紹介した”コミュニケイション・ブレイクダウン”はBBCのラジオ番組「テイスティ・ポップ・サンデー」の1969年6月22日オンエアからのテイク。

ジミー・ペイジの異常にトレブルの高いささくれたギター、ジョン・ボーンナムの冗舌に尽くしがたい唯一無二のドラム、ジョン・ポール・ジョーンズのしっかりと基盤を作りながらも適度に暴走するベース、そしてロバート・プラントの超絶シャウト。

どれもが凄い。。。!

ZEPにしか出せない奇跡のサウンド。

何度聴いても鳥肌が立つ。。。!!




ご堪能あれ。。。!





ではまた次回^^

東日本大震災で亡くなられた方々のご冥福を謹んでお祈り申し上げます。
また、被災され現在も避難所生活をされておられる方々にお見舞い申し上げます。




いつも「悪魔とドライヴ」にお越しくださりありがとうございます。

本日自宅にガスが通りライフラインが全て復旧しました。
復旧作業に当たられた皆様、ありがとうございました。

ガソリン事情もようやく好転しましたし、数に限りはあれど食料品・日用品の類も並ばずに買えるようになりました。
在来線が未だに普通である等の不便もありますが、そちらの復旧の見通しも立ったようで震災直後と比較すれば雲泥の差です。

今回私drivemycarに有形無形の支援をくださった皆様、ありがとうございました。
感謝しても感謝しきれません。

皆様の思いに応えるには私がこれから一生懸命生きていく様をお見せしていくことだと考えております。


これからもよろしくお願いいたします。


From : drivemycar








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。