Drivin' with The Devil

主に自作小説・ロック論・マンガ論などを”狭く深く”書いてます。 どうぞ気軽に楽しんでいってください。。。!! 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MUSICMAN(初回生産限定 “MUSICMAN” Perfect Box)(DVD付)MUSICMAN(初回生産限定 “MUSICMAN” Perfect Box)(DVD付)
(2011/02/23)
桑田佳祐

商品詳細を見る




毎度。。。!

昨日宣言した通り今日は桑田佳祐の新譜「MUSICMAN」をレビューしたい。

アルバム丸ごとのレビュー自体実に久々なので幾許か緊張しているがガンガンやっていこう。

*歌詞は聴き取り


早速。。。!!


MUSICMAN : 桑田佳祐

収録曲

1.現代人諸君!!(イマジン・オール・ザ・ピープル)

 「この星の未来には今更ラヴ&ピースはない。でも、声を潜め夢見て皆日の出を待っている」
 
 ミディアムテンポの粘りつくようなロックチューン。

 黒っぽいギターサウンドが実に心地良く響く。
 
 桑田の復活を高らかに告げるファンファーレのような趣すら感じる。

 ジョン・レノンの”イマジン”の一節を拝借して現状の日本を憂いてみせる詞の世界も強力。
 
 この人の吟遊詩人的な批評精神には脱帽する。

 怒りのベクトルをしっかりとエンターテインメントに仕上げる技は健在だ。

2.ベガ

 「さよならベガ。また逢う夜には涙に変えて僕を笑顔で抱きしめて」

 意外にも初の七夕をモチーフにしたミディアムバラード。

 AOR的アプローチなんだけどキッチリと2011年の音に創り上げているのが見事だ。

 間奏のミニムーグ(だと思う)と終盤のアコギの調べが美しい。

 桑田のボーカルはもちろん冴えている。。。! 

3.いいひと~Do you wanna be loved?~

 「にやけた妙な八方美人じゃ内も外も任されへん」

 1980年代のJ-POPを思わせる疾走感溢れるポップナンバー。

 Aメロには郷ひろみ辺りの70年代歌謡曲の雰囲気も漂っている。

 軽快なピアノと桑田のボーカルのコンビネーションが絶妙。。。♪

 しかしながら世界観は”いいひと”を揶揄した毒性の強いもの。

 ”いいひと”が誰かは聴いて確かめるべし。。。!

 すぐにわかるから。。。^-^

4.SO WHAT?

 「愛の香りに酔い、ザ・ドアーズなんぞを鼻歌交じりに…」

 俺的にはザ・ピーナッツ等の昭和30年代の歌謡曲のイイとこ取りをしたと思われる曲。

 しかし、聴き通すとどこか呪術的な要素も加わっていて一筋縄ではいかない出来なんだよね。

 爛れた男の日常と沖縄の現実をシンクロさせた詞は桑田にしか作れない独特なもの。
 
 サウンドに負けない湿った桑田のボーカルも味わい深い。

5.古の風吹く杜

 「そこに行き交う”今生きる”も”今は亡き人”も遥かな時を夢見て越えて訪れる砦」

 桑田佳祐流”鎌倉物語”

 サザンでも”古戦場で濡れん坊は昭和のHERO”という鎌倉をモチーフにした曲があったが、今回はそれをフォーク色濃いポップサウンドで表現してみせた。

 単なるご当地ソングに終わらせない侘しさが曲全体を支配している。

 そこに胸を打たれる。。。

6.恋の大泥棒

 「ダンチョネ、渡り鳥は恋なんて出来る筈のない俺さ」

 ビッグバンドジャズを彷彿させるナンバーだ。

 ギターの音色にはGS色もあるのでもしかすると1960年代のブリティッシュポップを意識しているのかも。

 アルバム全体に言えることだが、桑田のボーカルはガンだったとは思えないほど張りがあってカッコイイ。。。!

7.銀河の星屑

 「蘇れもう一度。何処かで母が呼ぶ声がする…」

 松下奈緒主演のドラマ「CONTROL~犯罪心理捜査~」の主題歌。

 全編を支配するヴァイオリンの調べが気持ち良い。

 カントリー&ウエスタン風味なサウンドだけど、ボブ・ディランの”ハリケーン”っぽいところもある。

 図らずも”生と死”が曲のモチーフになっているのだが、ヘヴィな内容をサラリと歌ってのけるのが桑田の桑田たる所以。。。!!

8.グッバイ・ワルツ

 「幸か不幸か愛した女(ひと)を忘れられずに生きています」
 
 ワルツで奏でられるシャンソン風のナンバー。

 桑田のボーカルには越路吹雪ばかりか美空ひばりまで乗り移っているような感じがする。
 
9.君にサヨナラを

 「希望を胸に生きるは僕一人のせいじゃない、君がいたからさ」

 桑田佳祐としては2007年の”ダーリン”以来実に2年ぶりのシングル。

 大塚製薬の「UL・OS」のCMソングにもなっていた。

 「ラバー・ソウル」の頃のビートルズやモータウンミュージックを思わせる懐かしいポップなサウンドに乗せて、桑田佳祐53歳(当時)の等身大の自分が歌われている。

 サウンドのポップさとペシミスティックで泣ける歌詞との対比が実に見事で、難しいメロディーラインでありながら一度聴いたら忘れることのできないフレーズが随所に転がっている。

 「見事」の一語に尽きるわ。。。!

 特にその難しいメロディーラインが良い。

 あらゆるメロディーが出尽くし、逆にメロディーのない薄っぺらい楽曲が氾濫している巷で桑田のメロディーは凛として光り輝いている。

 俺たちはもっと”良いメロディー”を大切にしないといけないのかもしれない。

 *過去記事より転載
 
10.OSAKA LADY BLUES~大阪レディ・ブルース~

 「アンタはエロいっちゅうの、ヤバイっちゅうの」

 リトル・フィートかはたまたドクター・ジョンか?

 リズムが奇妙なアメリカ南部サウンドに乗せて歌われるは大阪賛歌。

 サビで一気にたたみかけるような早口ボーカルが聴けるのが秀逸。

 間奏のプロ野球実況風のナレーションも遊び心たっぷりで面白い。。。^-^

11.EARLY IN THE MORNING~旅立ちの朝~

 「融合なき愛はただ意思なき妄想に等しい」 

 「めざましテレビ」のテーマソングとしてすっかり定着したナンバー。

 アルバム収録に当たりサブタイトルが付けられた。

 実に挑戦的なサウンドだ。

 全体を支配するデジタルなアレンジ、朝に聴くにはあまりに卑猥な歌詞、それを暈して歌う桑田のボーカル。

 全てが混然一体となって織り成される展開が実にカッコイイ。。。!
 
 流石。。。!!

 *過去記事より転載

12.傷だらけの天使

 「へこたれてんじゃねぇ!すがる相手は俺じゃなく明日のお前さ」

 いいね、歌謡曲。。。!

 タイトルの通り70年代の超名作ドラマ「傷だらけの天使」がモチーフになっている。

 やさぐれた、それでいて女々しい男の世界を描き切ったカッコイイ曲だ。

13.本当は怖い愛とロマンス

 「出会った頃と違うよ。裁くチャンスを狙い澄ましてる」

 一聴してわかるのはビートルズを下敷きにしていること。

 ”オブラ・ディ・オブラ・ダ”や”レディ・マドンナ”辺りのシンプルなロックチューンの要素が曲のそこかしこに練り込まれている。

 それでいて曲を聴き通すと50'sくらいのアメリカンポップの匂いがする。

 効果的に使われているコーラスはむしろビーチ・ボーイズ的だ。

 けれどこの曲は紛れもなくJ-Popである。

 とんでもなく極上の。

 ”ハイ、それまでヨ!!”なんて必殺のフレーズも飛び出し、散々女性に尽くしていながらこっぴどくフラレてしまう男の悲哀を”ポップ”という明るさでコーティングして歌い上げる曲構成の見事さよ。。。!

 ビートルズという得意とするモチーフにしても3分34秒という短い曲時間にしても自分のバックボーンや原点を使って新しいものを築こうとする桑田佳祐の飽くなきチャレンジ精神を感じる。

 底抜けにポップでそれでいてどこか涙腺が緩む味付けが成された名曲。。。!!

 *過去記事より転載

14.それ行けベイビー!!

 「命をありがとね、いろいろあるけどね、それなのに明日も知らぬそぶりで」

 昨年の「紅白歌合戦」で披露された曲。

 ほとんどエレキギター一本で歌われているシンプル極まりない曲。

 しかしながらボブ・ディランが憑依したかのように字余り歌詞を飛ばしまくる桑田は最高にカッコイイ。

 単純にガナっているだけじゃないんだよなぁ。

 しっかりメロディーも張り付いている。

 凡百のミュージシャンには決して作ることのできない極上の名曲。

 俺はこの曲がアルバム中で一番好きだ。

 聴く度に涙が溢れてくる…
 
15.狂った女

 「嗚呼、最強最大のライバルである己とまぐわえ」

 桑田お得意のブリティッシュロックチューンで全曲中最もハードなサウンドである。

 「ROCK AND ROLL HERO」(2002年)に入っていてもおかしくないほどのゴリゴリロックで最高にクール。。。!
 
 中盤でキング・クリムゾンの如き荒くれた展開を見せるのも凄まじい。

16.悲しみよこんにちは

 「人生は見た目通りの退屈で野暮なドラマ」

 タイトルはサガンかな?

 けど、斎藤由貴の同名異曲みたいな1980年代のアイドルポップの雰囲気もある。

 ホント、音楽的守備範囲の広い人だ。。。!

17.月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)

 「二度とあの日の僕には戻れはしないけど目を閉じりゃ煌めく季節に皆が笑ってる」

 三井住友フィナンシャルグループのCMソングとして話題になっている曲。

 ビートルズと現在の日本とを重ね合わせた詞、美しいメロディー、ジョン・レノンを意識したピアノアレンジ、桑田の感傷的なボーカル、全てが一体となって紡ぎ出される切なくも希望を感じさせるバラード。

 素晴らしいの一語に尽きる。。。



 とにかく”凄いアルバム”だと思う。

 ピンからキリまで多種多様な音が溢れかえったJ-POPシーンの中で齢55歳にならんとする男がここまで現役感覚に満ちた作品集をリリース出来ることに畏怖の念を禁じえない。

 これまで自分の中に取り込んできた”音楽”を全て出し切ったかのような集大成的作品であると同時に更なる前進を続けようとする桑田の意思も見ることができる。

 敵わないわ、誰も。

 凄過ぎる。




 だからこの言葉で〆よう。





 「桑田さん、ありがとう!」





  
スポンサーサイト
001_convert_20110222212042.jpg



002_convert_20110222212152.jpg



桑田佳祐の新譜「MUSICMAN」をGet。。。!!

もちろんDVDとインタビュー、桑田によるセルフライナーノーツが載った本付きの初回限定版「Perfect Box」でね。。。♪

今聴いてる最中。

イイね。。。^-^

”それ行けベイビー!!”を聴いてたら「紅白歌合戦」での復帰劇を思い出して泣けた。。。





桑田さん、おかえりなさい!





全曲レビューするよ。。。!!



ではまた次回^^


昨日友人たちと飲みに行った。

まぁ、土曜日はほぼ毎週そんな感じなんだが。。。^-^;

飲みに行く前の夕食を某店で食したのだが、これが実に美味だった。。。!

もともとはハンバーガーを食べさせるお店なんだけど、昨日はイベントで牛肉料理を供していた。

久々の肉料理に勇んで行ったよ、俺。。。^-^;;;






01.jpg


前菜は牛肉のカルパッチョ(料理名は正確なものではない)

パイナップルベースのドレッシングがさっぱりとしていて美味かった。


02.jpg


これはミートボールというか一口大のハンバーグ。

もちろん牛肉。。。^-^


03.jpg


ローストビーフ

味がしっかりしていてマスタードだけで十分美味。。。!


04.jpg


牛頬肉の煮込み。

柔らかくて生クリームベースのソースとの相性が最高。

私的この日のメニュー№1。。。♪


05.jpg


付け合わせで出てきたトースト


06.jpg


ずっと赤ワインばかり飲んでた。

酔いが回る回る。。。^-^;;;


07.jpg


メインディッシュはサーロインステーキ。

美味し。。。!!





初めて行った店だけど雰囲気も良く楽しめた。

今度はハンバーガー食べに行こうっと。





ごちそうさまでした。。。♪





ではまた次回^^


恥ずかしい僕の人生恥ずかしい僕の人生
(1997/11/21)
早川義夫

商品詳細を見る




●アメンボの歌 : 早川義夫 


●「人気者でいこう!」エンディング


早川義夫が1997年にリリースしたシングル曲。

同年リリースのアルバム「恥ずかしい僕の人生」にも収められたが残念ながらシングル、アルバム共に廃盤となっている。

バラエティ番組「人気者でいこう!」のエンディングにちょっとの間使われた。

伝説のカルトミュージシャン早川がシングルを出すこと自体驚きだし、テレビで使われたことにも当時驚いたのを覚えている。(動く早川を観たのはこの時が初めて)

しかし、一番驚いたのは”アメンボの歌”が桑田佳祐作詞・作曲・プロデュースだったということ。

俺的に”マイヒーロー”桑田と”憧れの人”早川がコラボしたところにとんでもなく大きな意義があった。

桑田が早川をリスペクトしていたのは知っていたが、早川も桑田を認めていたんだなと妙に嬉しい気分になったんだ。

肝心の曲の方だが、100%桑田節とも呼べるメロディーラインに早川が朴訥だけど毒も内包したボーカルを乗せた展開が最高にスリリングな逸品である。

毒と毒のぶつかり合いとでも言おうか。

正直あまり知られた曲ではないが、このまま埋もれさすのはもったいない。


是非聴いていただきたい。。。!




ではまた次回^^






波乗りジョニー波乗りジョニー
(2001/07/04)
桑田佳祐

商品詳細を見る




201102152109001.jpg



本日コンビニで発見。

もちろん速攻でGETした。

2月23日リリースのニューアルバム「MUSICMAN」関係の記事が中心である。

載っている写真の数々、インタビューを読んで桑田佳祐が確実に復調しているなという確信を得た。

「MUSICMAN」の視聴イベントで既にファンの前に姿を現したことはニュースで観た。

そして、現在は風邪で体調を崩していることも知っている。

安堵と不安とが交互に入り混じった複雑な感情でアルバムの発売を待っている俺だが、桑田の完全復活はもうすぐそこまで来ている。

だから待つ。

再び桑田の歌う姿を目の当たりにする日まで。





●波乗りジョニー : 桑田佳祐


言い忘れたが「BRUTUS」の表紙キャプション”このおっさん、日本にいなくちゃ困るじゃん”に激しく同意。





ロマンセロロマンセロ
(1990/09/21)
高岡早紀

商品詳細を見る




●バラ色の館(ブラームス弦楽六重奏曲 第一番 第二楽章より) : 高岡早紀



今日のBGMは私的黒歴史曲。。。^-^;;;

以前別な曲紹介してるけどね。

現在は女優として活躍している高岡早紀がアイドル時代にリリースしたアルバム「Romancero」(1990年)に収録されたナンバー。

大胆にもブラームスの楽曲に日本語詞を付けたもの。

作詞は安井かずみ、アレンジは千住明が担当している。

高岡の歌手活動をプロデュースしたのは加藤和彦で、彼は彼女にヨーロッパ色の強いサウンドを提供した。

この曲もそれの延長線上にあり、どことなくアンニュイでそれでいて退廃的な雰囲気も醸し出すことに成功している。

高岡は歌こそ上手くないが、この世界観にはしっかりと溶け込んでおり今の耳で聴いても実に耳に心地良く響いてくる。


ちょっとこれを聴いていた高校時代を思い出しちゃった。。。^-^;;;


以上。。。!





ではまた次回^^





雪。。。!!
LOVE (通常盤)LOVE (通常盤)
(2006/11/20)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る



●ゲット・バック(LOVEヴァージョン) : ザ・ビートルズ


●ドライヴ・マイ・カー/ザ・ワード/ホワット・ユー・アー・ドゥーイング : ザ・ビートルズ


2006年にビートルズの”新作”としてリリースされたアルバム。

以前にもレビューしたことあったな。。。(遠い目)

その時にも書いたが、あえて”新作”と強調したのはこのアルバムが純然たるビートルズの新曲が入ったアルバムではなく、シルク・ドゥ・ソレイユの同名イリュージョンのBGMとしてジョージ・マーティンとその息子ジャイルズ・マーティンがリミックスとマッシュアップを施した作品群だからだ。

つまり俺個人としては「LOVE」はシルク・ドゥ・ソレイユのサントラだと思っている。

ただ、使われている音源は紛れもなくビートルズであるし、リミックスされた良い音は非常に迫力がありそれだけでインパクトを与えた。

また、賛否両論を呼んだマッシュアップもビートルズサウンドの可能性を広げたという点では「これはこれであり」だと思う。

好みのリミックス&マッシュアップでない曲も存在するからあまり1枚通して聴くことはないアルバムであるが、この2曲は良く聴く。

”ゲット・バック”のイントロで”ア・ハード・ディズ・ナイト”の不協和音ギターと”ジ・エンド”のドラムソロが絡む部分はいつ聴いても気分が昂揚するし、人気曲の”ドライヴ・マイ・カー”と不人気曲(失礼!)の”ホワット・ユー・アー・ドゥーイング”を大胆に組み合わせて”ホワット~”の魅力を引き出してみせたのも素晴らしい。。。!




冬の夜長に是非。。。♪



ではまた次回^^





コンビニ売りのムック本を久々に購入。

大好きなジャンルの裏側が書いてあるとあって中身見ないで買ったらこれが大ハズレ。。。(泣)

ほとんど知ってる話ばかりだったのさ。。。

立ち読みしとけばよかったと軽く後悔した。


以上。。。!(爆)
ギタリスト、ボーカリストのゲイリー・ムーアが亡くなった。

享年58歳 (ソース)

俗に言う”泣きのギター”が得意であり、それでいてハードでテクニカルなプレイもブルージーなプレイもできた真に器用なギタリストであった。

それでいてどことなく無骨な感じがするのは音楽に対する一途な姿勢からであろう。

ハードロック時代は徹底してハードなギターに拘ったし、ブルース路線になってからはどこまでもブルースという音楽に傾倒していった。

そうした一種求道者的な佇まいもあり、日本での人気も極めて高かった。


ゲイリーは1969年にスキッド・ロウ(1980年代の同名バンドとは全くの別物)の一員としてデビュー。

1970年代にはジャズロックバンドのコロシアムⅡやハードロックバンド、シン・リジィに加入し名声を得る。

シン・リジィ脱退後はソロとしてのキャリアをスタートさせ「バック・オン・ザ・ストリート」(1979年)、「コリドーズ・オブ・パワー」(1982年)、「ワイルド・フロンティア」(1987年)、「アフター・ザ・ウォー」(1989年)など多くの傑作アルバムをリリースする。

ソロの初期においてはハードロック路線を貫いていたゲイリーがブルースへの傾倒を始めたのが1990年リリースの「スティル・ゴット・ザ・ブルーズ」である。

全世界で300万枚のスマッシュヒットを記録したこのアルバム以降彼はブルース色を強めていく。

その後もジャック・ブルース、ジンジャー・ベイカーと組んだバンドBBM等を経て現在まで精力的にアルバム発表ライヴ活動をしていた矢先の訃報だった。


俺自身はゲイリーというと「アフター・ザ・ウォー」のハードロック路線と「スティル~」のブルース路線の鮮やかな対比が非常に印象深い。

リアルタイムで聴いていたこともあるだろう。

スキッド・ロウ、シン・リジィは完全に後追いだったがイギリス独特の湿り気を帯びたハードロックでこちらも好きだ。

とにかく現役バリバリの58歳という若さで亡くなられたのが非常に残念だ。

これからが円熟の時だというのに…



個人的に好きな曲を何曲か挙げてゲイリーの追悼としたい。


●レッド・クローンズ

「アフター・ザ・ウォー」収録曲。

ゲストボーカルとしてオジー・オズボーンが参加しているのはあまりにも有名。

タイトルが示す通りレッド・ツェッペリンの方法論を真似て売れていた当時の若手バンドに対する痛烈な皮肉を歌ったもの。

もろツェッペリンの”カシミール”のサウンドにオジーのボーカルが乗るから面白い。。。!

ゲイリーのギターはザクザクしたハードな音色で心なしか怒気を帯びているような気がする。。。



●スティル・ゴット・ザ・ブルーズ

1990年リリースアルバムのタイトルチューン。

ゲイリーの泣きのギターとブルージーなボーカルが楽しめる超名曲。。。!

こちらはライヴヴァージョンで。

説明の必要のないカッコ良さ。。。!!


●シーズ・マイ・ベイビー : トラヴェリング・ウィルベリーズ

こちらはリードギターとして客演したナンバー。

ジョージ・ハリスン、ボブ・ディラン、トム・ペティ、ジェフ・リンで結成された覆面バンドのセカンドアルバム「ヴォリューム3」(1991年)のトップを飾ったロックチューンである。

ゲイリーはここで特徴的なギターを弾き存在感をアピールしている。

まるでミサイルのようなギタープレイは敬愛するジミ・ヘンドリックスの影響下にあるのかもしれない。

映像はPVでゲイリーはメンバーではないのでここにはいないが、豪華メンバーで繰り出されるゴツゴツとしたロックに圧倒されることうけあい。。。!!






今頃天国で盟友フィル・ライノットとセッションしているのだろうな…



謹んでご冥福をお祈りします。


合掌





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。