Drivin' with The Devil

主に自作小説・ロック論・マンガ論などを”狭く深く”書いてます。 どうぞ気軽に楽しんでいってください。。。!! 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
うーん。。。
 
CURURU終了間近だからかどうかは不明だが、レビュー(Amazon連動)をアップできない。
 
まぁ、書くことに変わりはないので俺が持っている本の写真で代用しよう。
 
では、「手塚治虫作品論」記念すべき五十回目だっ。。。!!
 
 
 
 
 
●どついたれ(1979年~1980年)
 
 
 あらすじ
 
 時は昭和20年。
 戦中戦後の荒んでいく大阪市内で逞しく生きていく若者たち。
 一人は戦災孤児、一人は親に反発して会社を興す青年。
 ありとあらゆる悪いことをやるが、義侠心に厚い二人のチンピラ。
 そして赤本に作品を描き始める漫画家。
 彼らは時に独立して、時には交わりながら占領下の大阪にその生命を刻んでいく…
 
 
 登場人物
 
 哲(てつ):戦災孤児。大阪のキタで戦災孤児が営む靴磨きの取り仕切りを行っている。
        しかし、進駐軍兵士やヤクザと諍いを起こし逃亡する。
        性格は直情型で短気だが、面倒見の良い一面もありカリスマ性がある。  
        アメリカを猛烈に恨んでおり、密かにマッカーサー元帥を暗殺せんと企む。
 葛城健二(かつらぎ けんじ):もとは大工場葛城製作所の跡取りだったが、父親と揉め独立。
                   大阪市内にベルトのバックル会社葛城製作所を興し、哲を雇う。
                   穏やかな性格だが、一度男気に火が点くと誰にも止められない。
 河内のトモやん:大阪市内で暴れまわるチンピラ。
           しかし、性格に意地の悪いところがなく義侠心に溢れている。
 八尾のヒロやん:トモやんとコンビを組むチンピラ。
           天性の詐欺師の才能があるが、弱い者を助ける義賊的一面もある。
 高塚修(たかつか おさむ):新進の青年漫画家。
                  気が弱い性格だけど、漫画にかける情熱は人一倍。
 美保(みほ):哲の妹。   
         哲が警察に追われている間に、生活のため13歳にして売春婦となる。
 荒井克子(あらい かつこ):通称カッちゃん。
                               哲がミナミで出会ったスケ番。
                 仲間のリンチに遭ったところを哲に助けられる。
                 哲とは相思相愛。
 掛川団冶(かけがわ だんじ):大阪の広域暴力団太閤組(たいこうぐみ)の幹部。
                   哲を気に入り、何かと世話を焼く。
 
 
 「どついたれ」は1979年に第一部が、1980年に第二部が週刊ヤングジャンプに連載された。
 
 第二部の途中で終わっており、作品としては未完である。
 
 現在は講談社手塚治虫全集などで手軽に読むことができる。
 
 この作品は手塚が遺した数少ない自伝的作品(他に「紙の砦」、「がちゃぽい一代記」などがある)であり、その中でも唯一の長編である。
 
 登場人物も高塚は当然手塚がモデルだし、葛城、トモやん、ヒロやんらも実在の人物がモデルとなっている。
 
 しかしながら、完全なノンフィクションというわけではなく、架空の人物哲が主人公になっていることでフィクションの度合いが濃い。
 
 この辺は手塚も狙っていたようで、自分の青春時代をモチーフにして大河ドラマを構築したのだと思う。
 
 その意味で手塚の祖先を用いてドラマを紡いだ「陽だまりの樹」(1981年~1986年)に通じるものがある。
 
 けれどもこの作品は数多い手塚作品の中で極めて特異な要素を持っている。
 
 それは”青春群像”であると同時に”青年の性”を赤裸々に描いた作品であるからだ。
 
 手塚の性に対する視線というのはそのほとんどが”少年目線”である。
 (「鉄腕アトム」、「リボンの騎士」など)
 
 手塚作品を多く読むとそれは如実に伝わってくる。
 
 ”少年目線”で描く性は”リビドー”と言い換えても良い。
 
 決して成熟することのない原始的性衝動が手塚作品には溢れている。
 
 それとは別に”中年目線”で見た”達観した性”も手塚作品には多い。
 
 それらは所謂青年誌に掲載された作品群で確認することができる。
 (「きりひと讃歌」や「MW」など)
 
 青年誌で繰り広げられる直接的描写のない達観した性を描く手塚の視線には医学的好奇心に満ちた学者の姿が窺えたりもする。
 
 だが、「どついたれ」にはそのどれにも当てはまらない”性”が存在する。
 
 それはおそらく手塚自身が辿った生々しい”性”なのだろう。
 
 妹が売春婦になったことで肝心な時にインポテンツになってしまう哲の苦悩や、それを何とかせんとする女性たちの心情にリアリティを見るのだ。
 
 性の話ばかりになってしまったが、この作品には他にも読者を惹きつけて止まないパワーがある。
 
 作品全体が関西弁で覆われていることや(手塚は意識して標準語で物語を作った漫画家である)、戦中戦後の無秩序な日本の描写に強烈なインパクトがあって読み飽きない。
 
 ただ、当時の雑誌の流行には合わなかったようで、途中で終わってしまったのが残念。。。
 
 ヤングジャンプをはじめとするヤング誌はラブコメ(あからさまに性を絡めた)が主流になっていく。
 
 ともあれ「どついたれ」が”隠れた名作”であるのは間違いないので是非ご一読を。。。!
 
 
 さて、次回は何を取り上げようかな。。。
 
 古いのいってみようか。
 
 よし、「ロストワールド」。。。!!
 
 
 ではまた次回^^
 
 
スポンサーサイト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
うん、くだらない。。。!!
 
明日からまた一週間頑張ろう。。。!!(壊)
 
 
 
 
フハハハハハハハハハハハ。。。!!
 
 
 
 
 
ではまた次回^^
 
 

 楡井ミウは二十三歳。


 

 日本を代表する一部上場企業、間旺(まおう)食品株式会社の本社で受付の仕事をしている。
 新卒で入社したミウは快活な性格で、もともと営業志望であったのだが、どことなく小鹿を思わせるような愛らしい風貌が上層部の目に留まり、会社の窓口ともいえる受付に配属となった。

 当初は希望した部署に配属されなかったこともあって沈んだ日々を送っていたミウだったが、持ち前の明るさと会社で最初に来訪者と接するこの仕事にやりがいを覚え、三ヶ月もする頃には外部は当然のこと社内でも話題の的となっていた。

 

 

 一方の楠木ジョウジも二十三歳。

 

 ミウと同じ間旺食品株式会社本社内にある第一東京支店の営業社員である。
 彼もまた新卒で入社したが、企画志望のところ望み叶わず営業に配属となった。
 どちらかというと内向的であまり人付き合いが得意ではないジョウジにとって営業の仕事は非常に苦痛を感じるものであったが、その実直さが顧客に受け徐々に成績を上げていき、それに伴って仕事の楽しさを感じ始めていた三ヶ月目であった。

 

 

 ミウとジョウジは高校の頃からの知り合いで、大学に入ってから交際をスタートさせた。
 社会人になろうとしたこの三月にジョウジはミウの両親に挨拶をして、結婚の意志を伝えた。
 それはミウにも知らされていなかったことであり、ジョウジの想いを聞いた彼女は歓喜のあまりその場に泣き崩れてしまった。
 ミウの両親も戸惑いながらも若い二人の愛を祝福し、すぐの結婚こそ認めなかったが同棲を容認した。

 

 こうして二人は新生活を迎えるにあたり、一緒に暮らすこととなった。
 二人が同棲をしていることは会社の人間は誰一人知らない。
 ミウは実家から通っていることになっているからだ。
 それどころか二人が交際していることすら知らない者がほとんどであろう。
 それくらい細心の注意を払っている二人だった。

 

 別にミウもジョウジもやましいことをしているつもりはこれっぽっちもなかったし、隠し立てするつもりも毛頭なかったのだが、社会的通念のようなものに二人は囚われてしまっていたのかもしれない。
 ともあれ、二人が家にいる時以外に二人でいる空間というのは出勤時の電車の中だけであった。
 だから常にジョウジと一緒にいたい気持ちが強いミウにとって彼の朝寝坊はその貴重な機会を失う忌むべきことだったのだ。
 それはジョウジも自覚していることだった。
 しかし、このところ仕事が忙しく帰りもミウよりいつも2・3時間遅い日々が続いていた。
 その疲れのせいもあるが、ジョウジは朝寝坊以上に自分がミウのことを十分構ってやれていないのでは、という自責の念をこのところ抱いていた。

 

『シャカシャカ』

「これじゃダメだよなぁ。」
 ぞんざいに歯を磨きながら鏡の中の自分をぼんやりと眺めるジョウジだった。

 

 

 その日一日をジョウジはどこか上の空のような状態で過ごした。
 いや、上の空というよりも何かに没頭するが故の呆けとでもいうべき状態であった。
 彼は一つの提案を思いつき、それをミウに発表したくてウズウズしていたのだ。
 外回りをしていて客先に趣いた時でも心ここにあらずなのだった。

 

「フフン、フフフン♪」
 家路を急ぐ頃には自分の思いつきがミウとの時間を深めることができると確信し、普段はやらない鼻唄など唄っていた。

「フンフンフン♪」
『トントントントン』
 一方のミウは一足先に帰宅していた。
 偶然にもジョウジと同じく鼻唄を唄いながら包丁をリズミカルに操っていた。
 自家製の焼き豚を切っているところだった。
 側らでは味噌汁が入った鍋の蓋が沸騰するかしないかのタイミングでカタカタと音を立てていた。

 

 

 ミウ自身は行きと同様帰りもジョウジと一緒に帰りたいという願望を持っており、当然そのことは彼に伝えていた。
 しかし、ジョウジがそれを断ったのだ。
「俺の仕事はいつ終わるか約束できないからミウを何時間も待たせたくないんだ。」
 ジョウジの気遣いは痛いほど伝わってきた。
 だから自分の意見を引っ込めた。
 その代わりこうして必ず夕食を作ることで少しでも彼の役に立とうと決めたのだった。

 

「フンフフフン♪」
 鼻唄がよりリズミカルになる。
 何だかジョウジが素敵な知らせを持って帰ってきそうな気がしたからだ。
『ガチャガチャ!』
 ジョウジだ。
「おかえり!」
 ミウは素早く料理の手を休め、愛する男を迎えた。

 

「ウソッ、マジで…?」
 驚きの声を上げるミウ。
「ホントだよ。今度の週末二人で旅行へ行こう。」
 ジョウジはさっき言った言葉をもう一度優しくミウへ伝えた。
「二泊だと近場になっちゃうけど、何処か行きたい所選んでさ。」
 夕食を終え、ミウの手作りプリンを美味そうに口に運ぶジョウジ。
「アハッ、嬉しい!」
 ミウは慌てて立ち上がり、コーヒーがなくなりつつあるジョウジのためにサーバーを持って来ようとした。
 その目にうっすらと嬉し涙が光ったのをジョウジは見逃さなかったが、あえて何も言わずにプリンを食べることに没頭した。
「私のために金曜日有給まで取ってくれて。今営業課月末で追い込みでしょ?なのに…」
 滲んでくる涙を拭おうともせずにミウはコーヒーのおかわりをジョウジのティーカップに注いだ。
「いいんだって!仕事も大事だけどそれよりもミウの方が俺にとっては大事なんだ。気にしないで君も遊休取りなよ。」
「ウン、ありがとう。」
 ジョウジの想いを感じ、一層胸が熱くなるミウ。

 

「さて、これ食べたらどこへ行くか決めようぜ!」
 ジョウジがそう提案すると、
「アッ、私別に行きたい所ってないんだ。逆にジョウジが行きたい所に行ってみたいわ。」
と、モジモジしながら答えた。
 その様子を見てジョウジは改めてミウのことをいとおしいと思った。
「本当にいいの?」
「ウンッ!」
「それじゃ、俺が決めるね。」

 

『ブゥン』
 喜び勇んでジョウジはリビングの隅に置いてあるデスクトップのパソコンを起動させた。
「カタカタカタ…」
 パソコンが立ち上がった瞬間に、凄い速さで検索エンジンから情報を探り出す。

 

「俺さぁ、前からここに行きたいと思ってたんだよねぇ。」
「エッ?お、面白いかもね…」
 少し怪訝な表情を見せるミウ。

 

 何故ならパソコンに映った旅行会社のサイトには、
”魔女伝説探訪ツアー”
の文字が派手に踊っていたからだ。

 

 

 

~つづく~

 

 

*この物語はフィクションです。

 

 

Copyright (C) 2009 by drivemycar All Rights Reserved

 

 

 

 



 
 
早く帰りたい。。。

 毎度。。。!

 

 今回の「ドラ思い出の一曲」はプロレスにまつわるロックの超名曲を紹介しよう。

 

 

 ”ワン・オブ・ジーズ・デイズ”(ピンク・フロイド)。。。!

 

 

 Go。。。!!

 

 

●ワン・オブ・ジーズ・デイズ : ピンク・フロイド

 

 http://www.youtube.com/watch?v=DQvG2SMVl84

 

 アブドーラ・ザ・ブッチャー&タイガー・ジェット・シン入場シーン

 

 http://www.youtube.com/watch?v=qwZma-aZ_rk

 

 ”ワン・オブ・ジーズ・デイズ”はピンク・フロイドの代表曲の一つで、1971年発表のアルバム「メドル」(邦題:おせっかい)に収められている。

 

 邦題”吹けよ風、呼べよ嵐”での方が圧倒的に知られているだろう。

 

 当時のメンバーであるロジャー・ウォーターズ(ベース)、デヴィッド・ギルモア(ギター)、リチャード・ライト(キーボード)、ニック・メイスン(ドラムス)ら4人の共作。

 

 風のSEが耳を撫ぜる数十秒間の後、延々とBを刻む(時折Aも入るが)ベースの音色が不気味だ。

 

 そこにドラム、ギターが加わり、「One of these days, I'm going to cut you into pieces」の叫びと共に狂気のスライドギターが奏でられることで頂点を迎える。

 

 極めて単純な構成でありながら聴く者の心を捉えて離さない魅力があるのは、曲全体を覆い尽くす”不気味さ”によるところが大きい。

 

 6分近い長尺演奏であるが緊張感が全く途切れないのも素晴らしい。

 

 日本ではこの曲は”黒い呪術師”アブドーラ・ザ・ブッチャーのテーマ曲と知られ、フロイドはおろかロックのロの字も知らないジャリファン(俺含む)にフロイドの存在、果てはプログレッシヴロックの存在まで見せつけることとなった。

 

 他にもプロレスラーの入場テーマ曲にロックナンバーが用いられるケースは多く、俺はブルーザー・ブロディのテーマ”イミグラント・ソング”(レッド・ツェッペリン  邦題:移民の歌)やミル・マスカラスのテーマ”スカイ・ハイ”(ジグソー)などを知った。

 

 その中でも”ワン・オブ~”は格別の一曲だ。

 

 この曲を聴くとフロイドよりも真っ先に頭にターバンを巻き、空手ズボンを穿き、先の尖ったシューズを履いた超悪役、それでいてどこか憎めないユーモラスさも持ち合わせていたブッチャーを思い出すからだ。

 

 ブッチャーの入場シーンも紹介するので対で楽しんでいただきたい次第。。。^-^

 

 

 

 ではまた次回^^

 

 

 

「なぁ…」
 男が落ち着いた口調で話しかける。
「ん…?」
 男を正面に見据えていた女が応える。

 

「俺たちってさ、こうなる運命だったのかなぁ?」
「うーん、わからないわ。でも、今ここにこうして二人でいるってことはもしかしたらそうなんじゃないかしら。」

「そうか、やっぱり運命だったんだ。」
「こういう話、前にもしなかった?」
「覚えてないなぁ…」
「したわ、確かベッドの上だった。」
「よくそんなこと覚えてるな。」
「”デ・ジャ・ヴ”ってことよ。」
「なるほど、ちょっと意味が違うような気もするけど、考えてみれば”デ・ジャ・ヴ”かもな。」
「私たちがまたどこかで逢うことがあれば今日みたいに話すと思うわよ、きっと!」
「そうかもしれない。どこか、別の世界で君と逢ったとしても…」


 こうした会話がおよそ似つかわしくない状況下で男と女は話し続けた。

 

(この時間がもっと長く続けば良いのに…)
 二人は偶然にも極限の状況下でそんなことを考えていた。

 

それより五年前のこと。

「ねぇ…」
 男の腕枕の中で横たわっていた女が不意に話しかけた。
「どうした?」

「私たちってこうなる運命だったのかしら?」
 男の方を向いて男の露になった胸の辺りを指で弄びながら女が訊いてくる。
「うーん。」
 男は女の愛撫に軽く身を捩じらせつつ考えた。

 

「わからないよ、けど…」
「けど?」
「今俺たちがここにこうしているってことはもしかしたら運命の一部なのかも知れないよな。」
「ウフフフ」
 女が笑みを浮かべる。

 

「どうしたんだ?俺何か変なこと言ったか?」
「変じゃないわ。変じゃないけど、ただ…」
「ただ?」
「難しいこと言うから何だか可笑しくなっちゃったのよ!」
「何か馬鹿にされたみたいでイヤだなぁ。」
「あっ、ゴメン!そんなつもりで言ったんじゃ…」

 男の表情が曇ったのを察知した女は品を作って男の胸に顔を埋めた。

「わかってるよ、俺も冗談で言った!」
「もう!」
「アハハハ!」

 

『バサッ!』
 男は二人の身体を覆っていた毛布を乱暴に払いのけ女の身体を抱きしめた。
「あぁっ…」
 女は男に身を委ね、歓喜の声を上げ、息を荒げ出した。

(このまま時が止まってしまえば良いのに)
 男も女も同じことを思っていた。
 

 この時点での二人はとても幸せであった…

 

 同じく五年前のこと。

 

「ジョウジ!ジョウジったら!早く起きないと遅刻するわよ!」
 楡井(にれい)ミウは身支度をしながら横で寝息を立てている恋人の楠木(くすのき)ジョウジに声をかけた。
「ウーン…」
 ジョウジは何とか眼を覚ましたようだが、ベッドの上で細かく呻いていた。

 

「もうっ、今日のゴミ出しはジョウジの番なのに知らないからね!」
 一足も二足も先に準備をしていたミウは既に着替えを終え、化粧の終盤に入っていた。
「ウーン…粗大ゴミは今度の土曜日のはずだろ!?」
 かったるそうな調子で応えるジョウジ。
「違うったら!今日の燃えるゴミのこと!」
 的外れなジョウジの言葉にミウの声も普段の優しい口調とは違い、自然と荒くなる。

「そうかぁ…今日は燃えるゴミの日だったんだっけ…って…!」
『ガバッ!』 
 ようやく状況を察したジョウジが一気に飛び起きた。

「えぇっ?もう八時になっちまうじゃん!どうして起こしてくれなかったんだよ?」
「何回も起こしたわよ、寝ぼすけさん。」
 ミウはさっきまでの荒さを意識的に押し込め、努めて冷静に言った。
 その落ち着きが逆にジョウジの胸に響いたようだ。

 

「ゴメンな。」
「うん、平気。それより急がないとホントに遅刻しちゃうよ。ゴミは私が出しておくからジョウジは早く準備して。」
「あ、ありがとう」
「先に行ってるわね。」
 そう言うとミウは左手にバッグを持ち、玄関先に手早く用意していた燃えるゴミの袋を右に抱えドアを開けようとした。

 

「ミウ。」
「何?」
「今日はゴメン。明日は一緒に行こうな。」
 ジョウジの心からの謝罪を感じたミウは優しく微笑み、
「うん!行ってきます!」
 静かにドアを閉めて出て行った。

 

「さてと。」
 ミウが完全に外へ出たことを確認してからジョウジは慌てて身支度を始めた。

 

 

 

~つづく~

 

 

*この物語はフィクションです。

 

 

Copyright (C) 2009 by drivemycar All Rights Reserved

 

 



 
 
バンド練習。。。!

お遊びでベース弾く俺(笑)
 
それを盟友黒猫藝帝さんが加工してくれた。。。^-^
 
 
感謝。。。!!

 

 

 


毎度。。。!

今日は珍しく(!?)携帯から文章のみの更新。

今仕事帰りの電車内。

昨日から今日にかけて凹んじゃうことがいくつかあって、ちょっと沈んでいる。

そしたら急に「あっ、小説書いてないや俺」って思ったのね。

そういえば今年全然書いてないなぁって。。。


心の奥底では気づいてたんだけども、無理して書いてもロクなもの出来ないから隅に押し込めてた。

けど、昨日あたりからプロットというかアイデアが浮かんできた。

長編になりそうもないプロットだから短編と位置付けて、懸賞に応募しようと思う。

あ、あと去年書いた中編もCURURU終了までに載せよう。。。!

さて、緩やかに頑張っていこうっと。


ではまた次回

 

 

 

 
 
 毎度。。。!
 
 昨日のイベントは0:00終了。
 
 お疲れ、俺。。。!!
 。。。てなわけで、昨夜は帰り道に自分へのご褒美(?)としてスーパー銭湯に寄って、サウナ&温泉でまったりしてから帰途に着いた。
 
 今日はほぼ一日爆睡。。。^-^;
 
 夕方くらいから意識がはっきりしてきたので、録画しておいた「たかじんのそこまで言って委員会」とWOWOWで放送された木村カエラのミュージシャンデビュー5周年ライヴを観た。
 
 カエラのライヴはまだ途中までしか観てないが、22,000人の大観衆の前で時には笑い、時にはハイになり、そして時には涙を流しながら一生懸命に歌い、踊り、ギターを弾く彼女の姿に感動した。
 
 何といっても泣きながらの”Buttefly”が素晴らしい。
 
 この美し過ぎるバラードでボーカリストとして一皮剥けた感があるカエラだが、この曲の魅力は世間で言われているウェディングソングの陰に隠れた彼女の”ぺシミスティックな一面”にあると思う。
 
 歌詞をよく見るとわかるが、「太陽は沈み いたずらに星は昇る」、「たったひとつだけ暖かいに包まれ」などおよそ結婚する親友へ捧げたとは思えないある意味マイナスなセンテンスが散らばっている。
 
 この影の部分が逆に他のプラスのセンテンスを際立たせているのだ。
 
 プラスとマイナスの振り子を臆することなく使える表現者は長続きする。
 
 これからのカエラが非常に楽しみ。。。!
 
 そんな思いでライヴを観たわけ。。。^-^
 
 
 前に紹介したのとは別なTV番組で歌われた”Butterfly”のアコースティックヴァージョンを紹介して〆るわ。。。!
 
 
●Butterfly : 木村カエラ
 
 
 
 ではまた次回^^



 

 

 
 
只今絶賛長時間勤務中。。。!

スゲェ曇り空。

果たして何時に帰れるのやら。。。(涙)

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。