Drivin' with The Devil

主に自作小説・ロック論・マンガ論などを”狭く深く”書いてます。 どうぞ気軽に楽しんでいってください。。。!! 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

icon 今日のお題

絶版になってしまった本、解散してしまったグループ、絶滅してしまった動物など、

復活して欲しいものはありますか?


 

 

 思いつくままに挙げてみよう。。。

 

 

 

●ミュージシャン(バンド)

 

 

 ビートルズ

 

 ジョン・レノン

 

 ジョージ・ハリスン

 

 レッド・ツェッペリン

 

 ジミ・ヘンドリックス

 

 ジャニス・ジョプリン

 

 ニルヴァーナ

 

 ドアーズ

 

 ランディ・ローズ

 

 デュアン・オールマン

 

 クイーン

 

 ブライアン・ジョーンズ

 

 ザ・フー(オリジナルメンバー)

 

 ザ・ビーチ・ボーイズ(オリジナルメンバー)

 

 フリー

 

 ロリー・ギャラガー

 

 スティーヴ・マリオット

 

 セックス・ピストルズ

 

 クラッシュ

 

 ロバート・ジョンソン

 

 マディ・ウォーターズ

 

 

 

 ジャックス

 

 キャロル

 

 はっぴいえんど

 

 村八分

 

 四人囃子

 

 PYG

 

 。。。

 

 

●役者

 

 

 天知茂

 

 岸田森

 

 沖雅也

 

 夏目雅子

 

 堀江しのぶ

 

 。。。

 

 

 

●漫画家 

 

 手塚治虫

 

 石森章太郎

 

 ちばあきお

 

 山田花子

 

 。。。

 

 

●プロレスラー

 

 ジャイアント馬場

 

 ジャンボ鶴田

 

 ブルーザー・ブロディ

 

 アンドレ・ザ・ジャイアント

 

 橋本真也

 

 冬木弘道

 

 エディ・ゲレロ

 

 テリー・ゴーディ

 

 ゲーリー・オブライト

 

 アドリアン・アドニス

 

 ディック・マードック

 

 オーエン・ハート

 

 バズ・ソイヤー

 

 デイビーボーイ・スミス

 

 。。。

 

 

 

 ビートルズは俺が生まれる前に解散してたし、ジミもジャニスもデュアンもその存在を知った時には既に亡くなってた。

 

 ”好きになったもの”が既に存在していないというのは結構寂しいものである。

 

 遺したものは愛せるけれど”新作”が聴けない(観れない)からだ。

 

 まぁ、しょうがないっちゃあしょうがないけどね。。。

 

 

 

 

 

 さて、とんでもなく前置きが長くなった。。。

 

 

 

 

 

 

 ご存知の方もいるかと思うがプロレスラー(NOAH)の小橋建太が腎臓腫瘍摘出のために長期欠場に入った。

 

 ソース:http://www.nikkansports.com/battle/p-bt-tp0-20060630-53278.html

 

 断言はできないが悪性の可能性もあるそうだ。

 

 

 プロレスファンなら知ってるであろう、小橋の妥協の一切しないファイトスタイルを。

 

 「何でそこまでやらなきゃいけないの。。。?」というタフガイコンテスト的ファイトスタイルを。

 

 まっすぐな人柄が滲み出たようなクソ真面目なファイトスタイルを。

 

 

 小橋は15年以上自分の身体を酷使してファンに感動を与え続けてきた。

 

 両膝を4回以上手術して1年以上休んでもまた戻って来て前と変わらぬ、いやそれ以上の試合を魅せてくれた。

 

 いつしかファンのみならずとも小橋のことを「絶対王者」と呼ぶようになった。

 

 

 

 

 小橋さん、アナタはまだ”あっちの世界”へ行ってはいけない人です。

 

 アナタの試合をもっともっと観たい人がたくさんいます。

 

 そして何よりもアナタ自身がもっともっと試合をしたいはずです。

 

 アナタにとってプロレスが”生きがい”であるから。

 

 

 

 

 手術の無事成功と完全復帰を心からお祈りいたします。

 

 いつまでも待ってます。

スポンサーサイト

icon 今日のお題

あなたが初めて好きになった有名人は?


 

 

 それは。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロ●●●ル●時代の美保純!!!(大狂)

 

 

 

 

 

 

 華麗なジョーク、Yeah!!

 

 

 

 ドラだ!!

 

 

 さて、ここからは大真面目。。。

 

 

 初めて好きになった有名人はジュリー!!

 

 沢田研二!!

 

 JULIEな!!

 

 

 ジュリーについてはかつて熱く語った過去記事があるのでそれを参照されたし。。。

 

 ジュリー論?:http://myhome.cururu.jp/drivemycar1965/blog/article/40003100586

 ジュリー論?:http://myhome.cururu.jp/drivemycar1965/blog/article/40003103717

 

 

 今回はジュリーの貴重でヤバ過ぎる映像が手に入ったので語り倒してみたい。。。

 

 

 

 GO。。。!!

 

 

 

●恋は邪魔もの

 

 http://www.youtube.com/watch?v=sQdyAuRVP_4

 

 1974年3月リリースのシングル。

 

 大ヒット曲”危険なふたり”と”時の過ぎゆくままに”の間に隠れた形になっているが、ビートルズっぽいギターリフにストーンズのようなリズムが加わり、そこに歌謡曲テイストが散りばめられたカッコイイナンバーである。

 

 この映像の出所は全くわからない。おそらくTV番組だとは思うが74年でモノクロは逆に珍しい。

 

 2番から始まっているので前半がカットされた格好だ。非常に残念ではあるがジュリーの”濡れるボーカル”存分に堪能することができる。

 

 ただ一言「カッケー。。。!!」だ!!

 

 

 

●そして一人

 

 http://www.youtube.com/watch?v=2s4IUUJggXo

 

 1979年のナンバー。

 

 シングルカットはされていない。故に恥ずかしながら初めて聴いた。。。

 ジュリー自身が作った曲だけあってシンプルな曲構成を達者なボーカルでグイグイ聴かせる感じに仕上げた見事なバラードだ。素直に名曲だと思う。

 

 山口百恵が観客席で観ている。彼女は次の歳1980年に22歳の若さで引退した。

 っつうことはこの時21歳。。。!!

 凄いオーラ出まくり。。。!!

 ちょい脱線、実は最近上戸彩が山口百恵に似てるなって思ったりしてた。

 確かに似てるけど足元にも及ばないと痛感。。。!!(上戸ファンの方ご容赦!!)

 

 それにしてもジュリーだ。。。!

 

 ボーカル完璧、ロン毛でも全然不潔感なし、蝶ネクタイなのにちっともダサくないビジュアル。

 

 カッコ良過ぎ。。。!!!

 

 

 

●アンドロメダ

 

 http://www.youtube.com/watch?v=W3VVtpeB9DI

 

 1980年のナンバーでこれもシングルカットされていない。。。

 

 ”TOKIO”や”恋のバッド・チューニング”らの大ヒットを飛ばしていた頃で完全に絶頂期の渦中。テクノポップ風のスペイシーなアレンジが効いた名ロックチューンといえる。

 

 映像はライヴだと思われる。ド派手なビジュアルが話題を集め続けていた頃であり、ここでの衣装もブッ飛んでいる。”早過ぎたビジュアル系”と言ってはジュリーに怒られるだろうか。。。

 

 カッコイイよなぁ。。。マジカッコイイよぉ。。。!!!

 

 

 

 

 You Tubeで検索かけたら意外にもこうしたマイナーな佳曲がザックザクで一方メジャーな曲がなく驚いたのだが、かえってジュリーの”素の魅力”はたっぷり味わえる映像群だと思う。

 

 

 ご堪能あれ。。。!!

 

 

 

 

 

 

 ではまた次回^^

icon 今日のお題

白いご飯、または食パンに何をのせて(つけて)食べるのが好きですか?


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

。。。ってわけわかめ!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

。。。。。。

 

てなわけで。。。

 

何が言いたいかというとだなぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた次回^^

 

 

 

 今日のお題

 

今、あなたの目の前を裸の王様が歩いています。一声かけるなら何と言いますか?


 

 毎度!!

 

 今回は映像特集だ!!

 

 しかもプログレッシヴ・ロック(以下プログレ)の特集だ!!

 

 「プログレってなぁ~に。。。?」 って疑問を抱く方も多いだろう。

 

 んとね。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 教えない。。。!!

 

 

 

 

 。。。って嘘、ゴメンしてぇ。。。!!

 

 

 んでもプログレって難しいのよ、定義も実際の音楽も。。。

 

 俺流に勝手に定義してしまうとプログレって、

 

 

 「楽器の腕が確かなロックミュージシャンが技術の粋を凝らして難解な詞、

 

 メロディーを構築し、それを間違わずに演奏する」

 

 

 となるかなぁ。。。

 

 要はジャズの要素も濃いしクラシックの要素もあるんだけどその理論をロックでコーティングしたような感じだぁ。。。!

 

 うーん、さっぱりわけわからん。。。

 

 まぁ、百聞は一見にしかず。

 

 代表的な4バンド紹介するんで観て判断しておくんなまし。。。!

 

 

 

●吹けよ風、呼べよ嵐 (ピンクフロイド)

 

 http://www.youtube.com/watch?v=wYbVlEtWCM8

 

 プログレといえばピンク・フロイド!!

 

 ファーストアルバムではシド・バレット(ギター、ボーカル)中心にどこまでもブッ壊れたサイケなサウンドが特徴だったのだが、ほどなくシドが精神的にブッ壊れフェードアウト。。。ディヴ・ギルモア加入後はロジャー・ウォータース(ベース、ボーカル)を中心に精神世界を突き詰めた詞とそれに伴う難解なサウンドでプログレの先駆者として走り続けたバンドである。

 

 この映像は1972年にイタリアのポンペイ遺跡で行われたライヴ&ドキュメントからのもので彼らの最大のヒット曲である。日本ではプロレスのアブドーラ・ザ・ブッチャーのテーマとして有名。

 

 延々と続くBコードのベースリフ、耳を撫ぜる不気味なキーボード、スタジオ盤より遥かに元気の良いニック・メイソンのドラム(彼しか映ってねぇし。。。)が原曲の不気味さに拍車をかけている!

 

 しかし、よくポンペイでライヴできたよなぁ。。。

 

 

 

●ナットロッカー (エマーソン、レイク&パーマー)

 

 http://www.youtube.com/watch?v=rX0vOYwHj30

 

 お次は脅威の3ピースバンド、EL&P。。。!!

 

 キース・エマーソン(キーボード)、グレッグ・レイク(ベース、ボーカル)、カール・パーマー(ドラム)の3人が織り成す”ペケペケプログレ絵巻”は今観るとなかなか新鮮。。。!

 

 このライヴは1971年にベルギーで行われたライヴで、アルバムで言うとちょうど「タルカス」や「展覧会の絵」をリリースした時期と重なっており彼らの全盛期と言っても良いだろう。

 

 この曲はもちろんあのクラシックの名曲”くるみ割り人形”である。

 

 エマーソンのキーボードとパーマーのドラムが非常に元気&小気味が良く聴いていて気持ちイイ。。。!

 

 この翌年彼らは来日、今はなき後楽園球場でライヴを行った。

 

 エマーソンが日本刀でキーボードに切りかかったパフォーマンスは語り草になっている。。。

 

 

 

●太陽と戦慄パート1 (キング・クリムゾン)

 

 http://www.youtube.com/watch?v=fnUTgTUIMM4 

 

 続いては”プログレ界の最左翼”キング・クリムゾンである。

 

 ロバート・フリップ(ギター)を中心に激しくメンバーチェンジを繰り返し、哲学を思わせる詞&難解極まりないサウンドで一時代を築いたとんでもないバンドである。

 

 彼らのアルバムで1番有名なのはもはや伝説と化したファースト「クリムゾン・キングの宮殿」(1969年)だろうがこの映像は1973年のアルバム「太陽と戦慄」からのタイトルナンバーでメンバー的には既に6期(!?)になっている。

 

 フリップ、ジョン・ウェットン(ベース)、ビル・ブラフォード(ドラム)、デヴィッド・クロス(ヴァイオリン)、ジェイミー・ミュアー(パーカッション)ら名うてのメンツが奏でるサウンドは複雑怪奇過ぎてわかり辛いかもしれないが、ハマると抜け出せなくなるのだから不思議。。。

 

 それにしてもジェイミー、面白過ぎ。。。!!!

 

 フリップは現在もエイドリアン・ブリューらと共にクリムゾンを再々結成して精力的に活動中。

 

 

 

●ラウンドアバウト (イエス)

 

 http://www.youtube.com/watch?v=hRYYxRhp4RE

 

 ラストはプログレバンドの中で際立ってメロディアスなサウンドを創りあげたバンド、イエスのナンバーを。

 

 1971年の傑作アルバム「こわれもの」収録の代表曲中の代表曲。8分半という長さも全く感じさせない見事な構成が素晴らしすぎる。。。!!

 

 この映像は正確なとこはわからないがおそらく再結成後、1990年代のライヴ映像だと思われる。みんな歳を取った印象だが、ジョン・アンダーソンの瑞々しい高音ボーカルとスティーヴ・ハウの変幻自在なギターが健在で嬉しい。。。!

 

 次は全盛期の映像発掘を狙ったる。。。!!!

 

 

 

 

 

 

 

 ふぅ。。。

 

 プログレを語るのは難しいや。。。

 

 

 

 くれぐれも観ながらON寝しないように。。。!!

 

 フハハハハハハハハハハ。。。!!

 

 

 ではまた次回^^

黒猫藝帝からのお題

 

「聞いてみたい!見てみたい!夢のコラボ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コラボール向井。。。!!

 

 

 

 コラボ・グロッソ。。。!!

 

 

 

 コラボボ・ブラジル。。。!!

 

 

 

 

 

 。。。。。。。。。。。。。。。

 

 以上、面白くない上に元ネタ知ったら人間性まで誤解されかねないギャグ三連発をのっけから繰り出した、

 

 

 

 

 ドラだっ。。。!!

 

 

 

 

 ちょっとだけWWEの話。 

 

 最近のRAWはメチャメチャ面白い。。。!!

 

 秒読み段階(日本のTV放送では)に入ったDXの再結成ドラマなんか毎回釘付けよ!!

 

 ECWももの凄いスピードで動いているしね。。。!

 

 来週のPPV「ワン・ナイト・スタンド?」が楽しみだよ、俺ぁ。。。!

 

 

 

 

 さて、本題。 

 

 「夢のコラボ」ね。。。

 

 いっぱいあるわ。

 

 特に亡くなってしまったミュージシャン絡みのコラボなんか無限に思いつく。

 

 けど今回はあえて”実現の可能性のある”コラボをジャンル問わずにいくつか、思いつくままに挙げてみたい。

 

 

 Here we go!!

 

 

 

●ビートたけし&ダウンタウン

 

 

 あんまりTV(特に地上波)って観ないんだけども、最近「リンカーン」を毎週欠かさずに観ている。

 

 あの番組の面白さの要因の一つに”権威(ダウンタウン)VS若手芸人”という図式があると思う。更に”不意に権威が若手の位置まで降りていく”面白さもありダウンタウンと中堅・若手芸人が同時に輝くという相乗効果を上げていたりするから面白い。

 

 で、俺が観てみたいのは”権威VS更に上の権威(つまりビートたけし)”の図式だ。

 

 関東と関西の育ちの違いはあれどもビートたけしと松本人志の間には非常に共通点が多い。二人とも笑いの中に”暗さ”を内包している。”思いつめたような感情”や”ある種の狂気”と言い換えても良いだろう。故に双方それぞれの時代で笑いの先駆者になることが出来たのだと思う。

 

 たけしと松ちゃんは1997年にたけしが責任編集を勤めた雑誌「別冊新潮45 コマネチ」の中で一度対談をしたのみの仲でしかない。が、互いにリスペクトの感情はあるだろうから絡めば何か面白いものが出るんじゃないかと考える。

 

 それこそ「オレたちひょうきん族」や「ごっつええ感じ」のようなコント形式でも良いだろうし、「TVタックル」のような討論形式でも良い。浜ちゃんという最強のツッコミもいることだしね。。。!

 

 現在のたけしにお笑い芸人としてのテンションを求めるのは難しいが、共演してない芸人と組むことで何かが生まれそうな気がするんだよね。。。

 

 どんなもんだろう。。。?

 

 

 

●桑田佳祐&蜷川幸雄

 

 

 断っておくがここでの桑田はミュージシャンではない。

 

 ”役者”桑田佳祐が観てみたい、猛烈に。。。!!

 

 その処女作を紡ぎ出すのは”狂気の演出家”蜷川幸雄である。

 

 媒体は蜷川といえば舞台が専門分野だけど映画だろうがTVドラマだろうがVシネマだろうが何でも構わない。とにかく音楽であれだけの”色気”を醸し出せる桑田が役者としてどんな顔を見せてくれるのか?その部分が一番観たい。

 

 ドラマの題材は何でも構わない。

 

 というよりむしろ”市井の人”を演じさせた方が面白いだろう。

 

 かつてシングル”東京”のクリップでタクシー運転手を演じた桑田はとんでもなくカッコ良かった。。。!

 

 対する蜷川もNHKで放送されたサザンオールスターズの特番に出演した際に「自分で自分を茶化せる桑田に凄く興味がある」という旨の発言をしている。

 

 まさに「夢のコラボ」といえよう。。。!!

 

 

 

●清原和博&WWE

(もしくは日本のプロレス団体)

 

 

 予め断っておくけど。。。当方清原のファンである。

 (過去記事http://myhome.cururu.jp/drivemycar1965/blog/article/40001594013 参照

 

 もちろんオリックスに移籍してもファンなのであるが、清原のあの体躯。。。トレーナー、ケビン山崎の影響が大だけどあの身体は完全にレスラーのそれである。

 

 何よりも顔、っつうか佇まいが怖いよ。。。!!

 

 だからプロレスのリングで暴れる清原が観たいんだよね。。。!!

 

 硬球をイメージしたマスクを被ってハンマーならぬ”圧縮バット”片手に対戦相手をボールでも打つかの如くバッシバシ叩きまくる正体不明のマスクマン”マスクド・ベースボール”。。。!

 

 WWEに所属ならご当地のチームのユニフォームを着て観客の前に姿を現し、関西弁で。

 

 「どうしよもないやんけ、ここのチーム。。。!」と罵倒する。。。!!

 

 やべぇ、超観たくなってきた。。。

 

 本格的に考えてみては、清原選手。。。!?!?

 

 

 

 こんな感じだぁねぇ。。。

 

 

 

 

 

 

 さて、ゲーテへのお題。

 

 

 

 「競馬に抱く想い(競馬論)」

 

 

 

でいってみて。。。!

 

 以前に「ギャンブル論」やってもらったけど今度は競馬に絞って。

 

 もちろん純粋な「レース」としての競馬論でもノー問題。。。!!

 

 

 よろしく!!

 

 

 

 

 

 

 ではまた次回^^ 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

。。。。。。。。。

 

 

勝負にならんだろう。。。!?!?

 

 

俺は”合コン”取らぁっ。。。!!!

icon 今日のお題



あなたが部屋に貼っている、または過去に貼っていたポスターやカレンダーは何ですか?

 


 

 

 

 今日早起きしたのよ。

 

 WOWOWでビートルズ関連の番組を一気に10時間放送するからさ!

 

 観たことないやつはもう無条件で保護対象(HDDに録画)でしょ!!

 (過去記事:http://myhome.cururu.jp/drivemycar1965/blog/article/40003615505参照)

 

 だから昨日天文学的に遅ぇ時間に就寝したけど録画+観たかったから頑張って起きたよ。。。!

 

 9:30番組スタートなのに7:30に。。。

 

 で、録画準備を終えてTVの前で待ってた。。。

 

 時刻は9:30。。。!!

 

 

 

 。。。??

 

 あれぇ。。。??

 

 

 

 ナンカシラナイエイガヤッテル。。。!!

 

 

 

 慌てて番組表を見直す俺。。。

 

 

 。。。

 

 。。。。。。

 

 。。。。。。。。。

 

 

 放送明日だったぁぁぁぁぁぁぁっ。。。

 

 

 

 以上、ネタのようなホントの話。。。

 

 。。。ってなわけで結構凹んでるけど散歩にでも行ってこよう。。。

 

 

 

 ではまた次回^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追記:連載小説「涙は煌く虹の如く」は今週お休みします。。。

icon 今日のお題

明日から3週間、無人島に住むことになりました。

どんな生活になると思いますか?

また、何を持っていきますか?


 

 

 

 

 

 

 

 

どんな生活になるって、そりゃあ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、何を持って行くかって、そりゃあ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

。。。ってバカ正直過ぎる、俺。。。???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた次回^^

 

 

 

 

 

 毎度コントロール!!(壊)

 

 

 今回は短期集中連載でお送りしている”古のロボットアニメ特集”をブチかますことでサッカー日本代表の勝利を祈願したい。。。(マジ)

 

 

 色んな意味でブッ飛んだ作品が多いので全編瞬きせずに観るのを推奨する。。。!!

 

 

 では早速。。。!! 

 

 

 

 

ロボットアニメヒストリーVOL.5

 

http://www.youtube.com/watch?v=RyxYf8epczU

 

 

 

●伝説巨神イデオン(1980年)

 

 

 富野喜幸(現・由悠季)が世に問うたある意味「機動戦士ガンダム」以上の問題作。。。!!

 

 当然ながら富野が原作&総監督である。

 

 未来の地球人類は他星系に開発・居住政策を進めていたが、謎の力”イデ”を探している異星人バック・フランと接触。双方は互いを理解できずにやがて戦争状態に陥る。地球側は”イデ”を持っている巨神イデオンを手に入れ戦いを有利に進めんとするが…

 

 。。。なんてストーリー解説はここまで。

 

 実際は子供はおろか大人でさえも一瞬聞き逃してしまうと全く理解できなくなってしまうほどの難解な物語構成&台詞回しのオンパレード。。。!当然視聴率も振るわず打ち切りとなるのだが、この頃から表面化した感のある”マニア”の熱烈なラヴコールで翌1981年に映画「発動編」で真のエンディングが作られた。

 

 これが凄まじい。。。

 

 徹底したアルマゲドンを富野は意識したようで、登場人物がガンガン死んでいく。いたいけな子供が首をふっ飛ばされたりする凄惨な描写が描かれ、アニメ史上に残るわけのわからない&超絶インパクトを持ったエンディングを迎える。。。

 

 「新世紀エヴァンゲリオン」のラストが「イデオン」のそれと酷似しているのは有名な話。

 

 とにかくブッ飛んでいるのでレンタル店で見つけたら是非。。。!!

 

 そんなことを微塵も感じさせないオープニング&主題歌がまたクール。。。

 

 

 

●無敵ロボ トライダーG7(1980年)

 

 

 何と「機動戦士ガンダム」の後番組。。。!!

 

 富野が「イデオン」に専念したためにこの枠(こっちではテレビ朝日系、土曜17:30~18:00)のサンライズ作品で初の富野以外の原作モノである。

 

 12歳にして”竹尾ゼネラルカンパニー”の社長である竹尾ワッ太(!?)という少年が怪ロボットから地球を守るために毎回宇宙に出動して戦うというルーティーンものである。

 

 非常にガキっぽい内容ではあるが子供が主人公ということもあり親近感は満点で当時は結構夢中になって観てた記憶がある。

 

 公園からトライダーが出動するシュールな絵なんかは今でも覚えている。

 

 このオープニングも主題歌もどことなくホノボノしてイイなぁ。。。って思うのは俺だけかな。。。??

 

 

 

●宇宙戦士バルディオス(1980年)

 

 

 うーん。。。

 

 歌も内容も覚えてない。。。

 

 けれどたった一つだけ鮮明に覚えていたことがある。。。

 

 バルディオスの面じっくり見て。。。!!

 

 そう、ガンダムそっくり。。。。。。!!!!!

 

 ここまで大胆なパクリってなかなかないぜ。。。!!!

 

 よくサンライズクレームつけなかったなぁ。。。

 

 

 

●太陽の使者 鉄人28号(1980年)

 

 

 ご存知「鉄人28号」のリメイクで3度目の映像化(実写版含む)。

 

 精一杯1980年仕様にしたつもりなんだろうけど微妙に空気を読み違えた感が大きい。

 

 それもこれも「ガンダム」のせい。。。

 

 時代は”リアルロボット”を求め始めてたんだねぇ。。。

 

 ただ、鉄人マニアにとっては見逃せない存在であるらしく、当時発売された超合金は1980年代モノとしては極めて珍しい10万円超えのプレミアが付いている。

 

 さすが鉄人!!!

 

 

 

●最強ロボ ダイオージャ(1981年)

 

 

 「トライダーG7」の後番組。

 

 まずはじっくり映像を観ていただきたい。。。

 

 何かに似てるよね。。。??

 

 そう、この作品大胆にも「水戸黄門」をSFロボットものに翻訳した大怪作。。。!!!

 

 当時も爆笑した記憶があるけど今観てもやっぱり爆笑。。。!!

 

 しかし”こちらにおわすお方こそ~っ、恐れ多くもミト王子~っ♪”って。。。!!

 

 水戸市は是非この番組も”外伝”として奉ってほしいと切に願う。。。!!

 

 

 

●黄金戦士ゴールドライタン(1981年)

 

 

 タツノコプロ制作。

 

 内容はパーフェクトに忘れたけど、ライターの形したおもちゃが爆発的に売れたことで妙に印象に残っている。

 

 俺も欲しくてお袋におねだりしたんだが、

 

 「 も う お も ち ゃ は 卒 業 ね ! ! 」

 

 って般若のような顔で言われたので泣く泣く断念、残念。。。!

 

 だからアレなんだな、今でも欲しくなるんだなプラモとか。。。!

 

 フハハハハハハハハ。。。!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけでその?はお開き。。。!!

 

 

 ではまた次回^^

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。