Drivin' with The Devil

主に自作小説・ロック論・マンガ論などを”狭く深く”書いてます。 どうぞ気軽に楽しんでいってください。。。!! 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のお題

 

あなたの一番好きな花はなんですか?


スポンサーサイト

今日のお題

 

この夏の思い出を教えてください


 9月4日。

 

 いよいよサザンオールスターズ仙台公演のチケットが一般発売される。

 

 絶対盗ったるぅぅぅっ!!

 

 

 。。。てなわけで今回は電話予約にてチケットをゲットするべく、己を鼓舞するためにサザンの「どマイナー」ナンバーでベスト盤を作ってみたい。

 

 どうだ、これぐらい俺は「歪んだサザンファン」なんだぞ!とさりげない自慢を含みつつ。。。

 

 果たしてこのようなことでチケット取れるんだろうか?と正気に戻っていってみよう!

 

 一応全アルバムから1曲(「KAMAKURA」は2曲)ずつとアルバム未収録曲から何曲か選んでみた。1枚に収まるかどうかは不明。。。

 

 

「MINOR OF SOUTHERN SONGS」

 

?ホリディ~スリラー「魔の休日」より : アルバム「世に万葉の花が咲くなり」収録

?Hey! Ryudo! : アルバム「タイニィ・バブルズ」収録

?アブダ・カ・ダブラ(TYPE1) : アルバム「10ナンバーズからっと」収録

?来いなジャマイカ : アルバム「NUDE MAN」収録

?レゲエに首ったけ : アルバム「熱い胸さわぎ」収録

?SAUDADE~真冬の蜃気楼~ : アルバム「さくら」収録

?Let’s Take a Chance : アルバム「ステレオ太陽族」収録

?美しい砂のテーマ : アルバム「稲村ジェーン」収録

?MARIKO : アルバム「Soutern All Stars」収録

?祭りはラッパッパ : アルバム「人気者でいこう」収録

?古戦場で濡れん坊は昭和のHero : アルバム「KAMAKURA」収録

?走れ!!トーキョー・タウン : 「匂艶 THE NIGHT CLUB」カップリング

?マリワナ伯爵 : アルバム「Young Love」収録

?Brown Cherry : アルバム「KAMAKURA」収録

?LOVE KOREA : 「あなただけを~Summer Heartbreak~」カップリング  

?ボディスペシャル? : 「ボディスペシャル?」カップリング

?サラ・ジェーン : アルバム「綺麗」収録

 

 う~ん。。。

 

 濃いなぁ!!

 

 全部知ってる人は相当なファンだと思うよ。

 

 曲をチョイスした段階である程度予想できたんだけど「核」になる曲がないので曲順を決めるのがすごく難しかった。年代順にしようかな?とも思ったがそうするとエライことになってしまう。(リズムがハネた曲が最初に並んでしまう)

 

 因みに俺がライヴで聴いたことがあるのは?のみ。あとは聴いたことない。それぐらいマイナーどころが集まったんだなぁ。。。と思ってもらえたらやった甲斐があったし、是非このセレクトで聴いてほしい。サザンの一番濃密な部分が味わえると思うんで。。。

 

 ではまた次回^^

 何と外部のブロガーさんからバトンを回されてしまった!

 

 とはいってもリアル友だちなのだが。フハハハハハハハハ。。。!

 

 どっかで見たような内容だけども答えるのは初めてなので受け取ることと相成った。

 

 「あぁ、やっぱドラって●●だなぁ。。。」的視点でご覧あれ!

 

 また手書きでいってみよう!

 

 んでは。。。

 

 

フェチバトン

 

 

Q1.あなたは何フェチですか?

 


 


 

 

 


Q2.好きな人を見て、先ずどこを見る?



 


 

 

 

Q3.最近、プッシュできる部位

 

 

 


 


 

 

 

 

 


Q4.よく見る、特別な思い入れのある人物のお気に入りの部位。5つ。


 

 

 


 

 

 

Q5.バトンを5人に・・・

 


 

 

 

 

 あぁ、やっぱ俺って●●だなぁ。。。

 

 

 

 

 

 がぼ!

 

 

 

 

 ではまた次回^^

 

黒猫藝帝からのお題

 

「1回だけドラマにレギュラーの役で出れるとしたら、どんなドラマ(カテゴリー)の何役をやりたいですか?ついでに、脇を固めてほしいキャスト陣は?」

 

 長いよ、お題。。。

 

 お題とは全く関係なくて恐縮だが、本日みちのくプロレスを観戦してくる。実に1年半振り(もっとかも。。。)の生観戦なので思い切り楽しんでこようと思っている。

 それにしてもかつては年に10回以上プロレス生で観てたし、鈍行列車乗り継いで日本武道館まで観に行ったこともあったのになぁ。。。

 

 

 

 マジでお題そ☆れ☆ま☆く☆りなので軌道修正を。。。

 

 一回だけのレギュラーかぁ。。。

 

 しかもドラマかぁ。。。

 

 うーん、うーん、うーん。。。

 

 

 

 ちと反則なんだけどさぁ。。。

 

 

 「HELLHOUND,GO!」でいってよかですかぁ。。。?

 

 いい?おっけーね。。。!

 

 では早速!

 

 

 

 ドラマ「HELLHOUND,GO!」キャスト

 

●桐生 昂 : ドラ

 

 本来はとんでもないミスキャストなのだが。。。

 まぁ、大目に見て^^; 

 

●ヘルハウンド : CG

 

 一瞬着ぐるみが頭をよぎった。更に「バンパイヤ」みたいに実写合成アニメも。。。

 そっちの方が趣はあるけど今の世ではCGだろうなぁ。。。

   

●停亜 : 柴咲コウ 

 

 これはズッパマリかも!

 あとはMEGUMIも頭に浮かんだ。

 でも、ここはやっぱ柴咲で! 

 

●早瀬 令 : 石原さとみ

 

 特に理由はない。

 つうか最近の10代の女優わからん^^;;;

 でも、彼女はどことなく今風というよりは80年代アイドルの匂いがする。

 結構好みかも。。。

 もう2、3年前だったら深田恭子にしたかも。。。

 

●川東 チヒロ : 小川直也と”ハッスル音頭”デュエットしてた娘

 

 名前がわからん!

 ググればノー問題だが眠いのでパス!

 わかる人は教えて!!

 

●光也 : 窪塚洋介 

 

 ピースな愛のヴァイヴズでポジティブな感じで演じてもらいたい。

 役者としては評価してるんで。。。

 

●サブ : 森進一の長男

 

 端役なんでこの辺りで。

 ってもう芸能人じゃないんだっけ。。。? 

  

 

●ケン : 堀広道

 

 大昔にTV版「セーラー服と機関銃」で主役の原田知世の子分役を演じてた役者。

 をいをいドラ、時間軸無視かよ!

 いいんだよ、妄想企画なんだから!(ノリツッコミ狂) 

 

 

 

●刺 : 着ぐるみ 

 

 丹古母鬼馬二とかも考えたがCG VS 着ぐるみって面白そうなんで。。。 

 

●覇 : 着ぐるみ

 

 覇は他の鬼より1メートル背が高いんで演技者は缶ポックリに乗って(爆) 

 

  

●神 : 勝新太郎

 

 故人じゃん!!!

 んでもイメージピッタリじゃねぇ。。。?

 

●大魔王 : 石原裕次郎

 

 やはり故人だが、神が大スターの勝新ならば大魔王もひけを取らない大物じゃないと!

 

●黒田 :  加藤芳郎

 

 昔NHK「連想ゲーム」で男性チームのキャプテンをしていたマンガ家。

 みんなが覚えているかどうかが不安だ。。。

 

●間 : 石田純一

 

 彼はこういう小市民的な役柄が合ってると思う。

  

 

●山田 : 原口あきまさ

 

 意外と合うかも!

 

 

●里見 : 高橋克美

 

 コメディーリリーフを。

 一人くらい小説とイメージと違うのがいてもいいだろう。。。

 

●若い男 : ロバートの緑髪の彼

 

 この辺になると誰でもいいやぁ!

 もちろん黒く染め直してもらう。

 

   

●ヤクザ : テリー伊藤

 

 実は凶悪顔(失礼!)なので。

 大物感も漂っているからね。。。 

 

  

●情婦 : 大麻を密輸して捕まったAV嬢

 

 ここは経験者で!(爆)

 新聞にも載ったんだけど名前何て言ったっけ。。。? 

 

 

●ヤンキー : 諸星和己

 

 もちろん光GENJI全盛の頃ね。

 理由?

 あんまり好きじゃないから!!!

 

 

 こんな感じだな。。。

 

 これ実現したら

 

 

 とんでもないことになるんじゃね。。。?

 

 色んな意味で。。。

 

 フハハハハハハハハハハ。。。!

 

 

 

 

 

 どれ、ゲーテへのお題

 

「苦手な生き物ベスト5」

 

 5個以上でももちろん可。

 

 おそらく虫系に集中すると予想してみる。

 

 あまりいい気分じゃないだろうけどもよろしく!

 

 ではまた次回^^

 

 以前J-POPの源流になった偉大な先人ミュージシャンについて書いたことがある。

 

 ホイ、過去記事↓

 

 ジャックス論その1:http://diary.cururu.jp/drivemycar1965/40000400522

 ジャックス論その2:http://diary.cururu.jp/drivemycar1965/40000402384

 ルーツ・オブ・J-POP:http://diary.cururu.jp/drivemycar1965/40000946739

 (はっぴいえんど、ミカ・バンド、キャロル、PYGについて)

 

 今回はその第2弾で前回はバンドのみだったが今回はソロのミュージシャンも取り上げてみたい。

 

 ではいってミ・ソ・ラ・ソ!

 

 

●ザ・スパイダース

 

 ご存知ザ・タイガース、ザ・テンプターズと並んでグループ・サウンズ(以下GS)の中心となったバンドである。

 メンバーは堺正章(ボーカル、パーカッション)、井上順(ボーカル、パーカッション)、かまやつひろし(ギター、ボーカル)、井上堯之(ギター)を中心とした7人組。

 彼らの素晴らしい所はまだまだ歌謡曲全盛だった日本の音楽シーンに”ロック”という概念と”自作自演”というスタイルを持ち込んだところにある。今では当たり前になったこのスタイルを貫くのは容易ではなかったと想像できるが、マチャアキ&井上順の芸人的な部分とかまやつひろしのロック魂が見事に調和することによって芸能界に切り込んでいくことができたし、後のミュージシャンにも多大なる影響を与えたといえる。

 曲も傑作が多いがやはりかまやつが作った曲は格段に出来が良い。暴走するドラムに当時としてはノイジーなギターが被さる”フリ・フリ’66”今でもCMで流れる”バン・バン・バンロッカバラードの雛形ともいえるメロディー・歌詞ともに泣ける”ノー・ノー・ボーイ歌謡曲の良さをロックに取り込んだ”あの時君は若かった”ナンセンス・ソングの傑作”エレクトリックおばあちゃん”などがオススメ!

 

 

●モップス

 

 GS末期の1967年にデビューし、1974年に解散したバンドで初期はサイケ色強いサウンドだったが次第に時流に合わせたフォークスタイルからハードロックへとサウンドはめまぐるしく変化していった。

 メンバーは鈴木ヒロミツ(ボーカル)、星勝(ギター、ボーカル)、三幸太郎(ベース)、スズキミキハルの4人。鈴木ヒロミツがバンドをやっていたことに驚く人も多いと思う。容姿はロンゲ意外は今と変わらない。(知らない人は「ポンキッキ」のムックを連想されたし)しかし、彼のボーカルは太く、ブルージーでとてもカッコイイのだ。そこに星のギター、アレンジが加わりとても濃密なロック空間を生み出すことに成功している。

 初期のアニマルズのカバー”朝日の当たる家”も素晴らしいし、後期のハードロックもクールだが個人的には1972年のアルバム「モップスと16人の仲間」が一番好きだ。吉田拓郎の”たどりついたらいつも雨ふり”は歪んだギターリフが秀逸な骨太ロックに変身しているし、加藤和彦作の”大江戸冒険譚”はT-REXっぽいサウンドでこれまたクールだ。忌野清志郎が作詞した”マイホーム”もゴリゴリしたロック!スズキ&星の自作曲”もう、いやだよ”もインパクトがある。

 今聴いてもこれだけのロックはなかなか見当たらない。むしろ、今だったら売れるだろう。出てくるのが早過ぎた悲劇のバンドかも。。。

 

 

●吉田拓郎

 

 今も精力的に活動を続ける「フォークのプリンス」こと拓郎。もちろん現在の活動も素晴らしいがやはり1970年代前半の楽曲は強烈なインパクトがある。

 ボブ・ディランの影響をモロに受けた「字余り歌詞」も大きな魅力だが、彼の最大の魅力はフォークスタイルの影に隠れた「激しさ」にある。彼の初期の代表曲に”人間なんて”があるが彼は「中津川フォークジャンボリー」(今のフジロック・フェスティバルみたいなもの)でこの曲を何と2時間歌い続けたという!そういうある意味狂った真似のできない「激情」が素晴らしいと思う。

 個人的に好きな曲は延々と「あ~、それが青春♪」と歌い続けるしつこさがクールな”青春の詩”先の”人間なんて”ペシミスティックな歌詞が最高に良い”今日までそして明日から”現在CMで流れている”夏休み”ロックスタイルになってからの傑作”落陽”森進一バージョンより遥かに出来が良い”襟裳岬”辺りだ。

 ”全部抱きしめて”しか知らない人たちに聴いてもらいたい。目からウロコ必至!

 

 

●井上陽水

 

 こちらも現役で精力的に活動する尊敬すべきミュージシャン。

 ”ジェラシー”、”リバーサイド・ホテル”、”ワインレッドの心”、”少年時代”などのヒット曲を次々生み出した80&90年代も素晴らしい。俺も大好きだ!が、あえて「ルーツ」なのでここでは初期のポリドール期に限定して語りたい。

 陽水の魅力はフォークを基調にロックからポップス果てはジャズまで幅広く展開するサウンドと大胆なテーマを大胆な切り口で綴る独特の詞の世界などがあるが、加えて初期は「壊れそうで儚げな声」が大きな魅力となっている。どこか若さ故の神経質な香りがするのだ。

 もはやスタンダードと化した”夢の中へ””心もよう””傘がない”は言うに及ばず、「僕のTVは寒さで画期的な色になり、とても醜いあの娘をグッと魅力的な娘にしてすぐ消えた♪」というアブナイ歌詞とロックサウンドのせめぎ合いが秀逸な”氷の世界”後に本木雅弘がカバーした”東へ西へ”珍しくビートルズへの敬意を示したポップス”ロンドン急行”後の”少年時代”へ繋がる繊細さが鮮烈な超・超名バラード”いつのまにか少女は””帰れない二人”など聴き所はあまりにも多い。

 

 

 ふぅ。。。

 

 ほとぼりが冷めたらまたやるんで^^

 

 ではまた次回^^

 

 ブログ友だちのまのん♪ちゃんがオンラインRPG「ウルティマ・オンライン」で俺の小説「HELLHOUND,GO!」の内容を再現してくれるとの記事が載ってた。あまりにも嬉しかったので本人の了解なしにここに書いちゃったけどOK。。。だった。。。?

 是非まのんちゃんのブログヘ遊びに行ってみて。

 

 

 

 さて、”過去の遺産(って呼べるかどうか知らんが)に頼った後ろ向きな企画”の第3回だ。そう、昔バンドで作ったオリジナル曲の詞を披露するコーナー!

 

 この「B.I.G」という曲はまさにバンドで作った一番最初のオリジナルの一つだった。(同時進行で3曲作った)作詞が俺、作曲は黒猫藝帝のダンナだ。(勝手に書いちゃった。。。)余談だがこのバンドは4人組で俺(ボーカル・ギター)、ゲーテのダンナ(リードギター)、ゲーテ(ドラム)、ベース(男)という布陣だった。当初はビートルズ、ツェッペリン、エアロスミス、ディープ・パープル、ブラック・サバス、イーグルス等多種雑多なコピーをしていたけどいつの間にかオリジナルに方向を変えた。4年近くやってその中でライヴを一回もやらなかったのは悔やまれるが、個々人の意識も高く俺的には一番印象に残っているバンド活動だった。

 

 で、この曲なんだけどタイトルの「B.I.G」は曲調がMr.BIGっぽかったから付けただけで意味は全くない。。。Cコードをキーにしたポップ&メタルといった趣の明るい曲だったので詞も曲を損なわないようなハッピーな(それでいてペシミスティックな)内容にした。例によって英語詞の部分は通用しない危険性大だが、打たれ弱いので指摘しないでほしい。。。

 

 まぁ、曲なんだけど聴けないんで「詩」的視点で見て頂戴!

 

 ではいってみよう!!

 

 

「B.I.G」

 

二人きりのJourney風に吹かれるまま 目指すものはNothing時の過ぎ行くまま

冷たいアスファルトじゃ気づくハズもない愛 瞳に映るモノを心に焼きつけよう

空と水の青さに深く溶け込んで行こう 今日は気分爽快、そうさ全てがHigh Life

Woo Yeah!

そよぐ髪はFeel so good  他に何もいらない

何て素敵な瞬間(とき) もっと愛し合いたい What a fantastic love!

 

燃え上がるよSunshine二人照りつけてる 光の奥にRainbow何故か心躍る

排気ガスのカーテン人の真実(ほんとう)を閉ざす 機械に頼るよりも自分の足で行こう

理屈じゃなく心で思うままに受け入れよう 今日は気分爽快、そうさ全てがHigh Life

Woo Yeah!

君の仕草Feel so nice 自然に導かれて

まるで夢のような瞬間(とき) もっと解り合いたい What a fantastic love!

 

We surrender 何もかも忘れよう Leave us alone 頭ん中空にして

Don’t mind ,we don’t know everything  All right,we’re in the strange world

奇妙な世界の中で僕らは生きていこう!

 

We surrender 何もかも忘れよう Leave us alone 頭ん中空にして

We surrender 苦しみを脱ぎ捨てて Leave us alone 唇に歌を抱いて

Don’t mind, we don’t know everything  All right,we’re in the strange world

奇妙な世界の中で僕らは生きていこう!

 

Copyright (C) 2005 by drivemycar All Rights Reserved.

 

 今回は久々に兄損。。。もとい、アニソンについて語り倒したい。

 

 その前に過去のアニソンに関する記事などを。。。

 

http://diary.cururu.jp/drivemycar1965/40002080597

http://diary.cururu.jp/drivemycar1965/40002086489

http://diary.cururu.jp/drivemycar1965/40002091091

 

 過去の3回は作品の主題歌のみを取り上げたのだが今回はサウンドトラックを語ることによってあくまで「アルバム」としての評価をしていくのでよろしく!

 

 では早速!

 

●ルパン三世 テーマヒストリー

 

 本当に名曲が多い「ルパン三世シリーズ」だが、この作品はタイトルが示す通り1971年から1992年までのTVシリーズと映画から選りすぐられた2枚組ベスト盤である。特にファーストルパンと第2シリーズに関してはTVサイズの楽曲まで収められており、初心者からヘビーなマニアまで楽しめる構成になっている。全46曲という超ボリュームでお腹いっぱいになることうけあい!

 正直俺の好みでいえば1986年以降の音源にはあまり魅力を感じない。どうしても夢中になって観ていたファーストルパン(1971年)とTV第2シリーズ(1978年)の音源に愛着があるのでそうなってしまう。

 以前も書いたがファーストルパンの曲は際立ってロック色が強く、第2シリーズはジャズ色が濃い。その辺の聴き比べが面白いと思う。

 そんな中で特にお気に入りは過去記事にも書いたブルージーな”ルパン三世その2”アフロの要素まで入ったファンキーな”ルパン三世その4”誰でも一度は耳にしたことがあるだろう”ルパン三世のテーマ’78”水木一郎のボーカルが光る”ルパン三世 愛のテーマ”そして屈指の名バラード”ラヴ・スコール”辺りだ。(それにしても何回”ルパン三世”って打ち込んだろう。。。)

 現在でも容易に入手可。(レビュー参照のこと)

 

 

●GUNDAM SINGLE HISTORY

 

 第1作目「機動戦士ガンダム」(1979年)が放映されてから26年。こちらも日本アニメを代表する息の長いシリーズである。このサントラには1作目、劇場3部作(1981~1982年)、「機動戦士Zガンダム」(1985年)、「機動戦士ガンダムZZ」(1986年)の主題歌&挿入歌を収めたベスト盤である。

 「ガンダム」はアニソンに関して言えば過度期に出てきた作品である。ファーストはいわゆるマンガマンガした主題歌なのだが、次第にミュージシャンを起用したアーティスティックなものへとシフトチェンジしていく。年代順に並べられた楽曲を聴いていけばその辺の”進化”がわかって面白いと思う。

 過去記事ではファーストの主題歌を取り上げたが(当然このアルバムにも入っている)、エンディングテーマの”永遠にアムロ”も美しいバラードだし、クライマックスで流れる”いまはおやすみ”歌うは何と戸田恵子!)も本当に泣ける名曲。劇場3部作の主題歌砂の十字架”はやしきたかじん!の感情のこもったボーカルが素晴らしい曲だし、今は亡き井上大輔の”哀 戦士”は当時のアニソンの中では異例の大ヒットを記録した。「Z」の主題歌で森口博子!が歌う”水の星へ愛をこめて”も難しい曲構成でありながらポップな逸品だ。

 騙されたと思って聴いてみ?マジでいいから!

 現在も入手可ッス。

 

 

●dramatic master (CITY HUNTER)

 

 「CITY HUNTER」は週刊少年ジャンプに連載され、後にアニメ化された。滅法強いがスケベなスイーパー冴羽獠主人公のアクション作品。この作品も人気が高く、3度のTVアニメ化、2度のアニメ映画化、更にジャッキー・チェン主演で実写化もされている。

 このアルバムはTV盤の第1&第2シリーズの主題歌、挿入歌を集めたベスト盤だ。アニソンもこの頃になると完全にミュージシャンが担当するようになる。このアルバムの聴き所もそこにあり、さながら80年代後半のEPICソニー(当時)所属ミュージシャンの音楽博覧会といった趣になっている。

 主な楽曲を挙げていくと(年代順、このアルバムの曲順ではない)

 

・CITY HUNTER~愛よ消えないで~ : 小比類巻かほる

・GET WILD : TM NETWORK

・ゴーゴーヘブン : 大沢誉志幸 

・SUPER GIRL : 岡村靖幸

・ANGEL NIGHT~天使のいる場所~ : PSY・S

 

 などそうそうたる面子が揃っている。TMはこの曲で大ブレイクしたようなもんだし、大沢の当時としては尋常じゃないファンキーさは今聴いても全然カッコイイ!PSY・Sのボーカル、チャカは歌が上手!!”和製プリンス”岡村ちゃんもクール!

 そして小比類巻、俺は彼女のボーカルが大好きでこの曲のみならずアルバムも結構持っていた。ただ、黒人音楽(特にゴスペルとR&B)の色濃いボーカルは80年代後半のミュージックシーンでは早過ぎたのかもしれない。今どうしているんだろう?復活を望む!

 他にもアマゾンズの大滝裕子が歌う”MR.PRIVATE EYE”や鈴木聖美(鈴木雅之のお姉さん)が歌う”GIVE ME YOUR LOVE TONIGHT”なども良いッス!

 惜しむらくは曲間にセリフが入る構成。飛ばせれば良いのだが飛ばせない!そこだけ難点。あとは曲順も練られたマジ素晴らしいサントラだ。

 現在でも入手可だよ!

 

 

 

 とりあえずこんなとこで。。。   

 

 ではまた次回^^

 

 昨日、久々に夢を見たんだ。

 

 ↑は間違いらしいね。人は眠ると必ず夢を見るという説もあるんだとか。要は覚えているか覚えていないかってこと。

 

 で、言い方を変えて久々に覚えている夢を昨日見たんだ。その内容が。。。

 

 

 

 

 

 俺は一人で椅子に座っていた。。。

 

 

 

 (以下臨場感たっぷりの手書きでお楽しみあれ!)

 

 

 



 

 

 


 

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

以上、夢解説終了!!!!!

 

 

 

 

 

 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 。。。。。。。。。。。。。。こんな夢だけ明瞭に覚えやがって、

 

 

 馬鹿か俺わぁっ!!

 

 

 

 神様、どうかもっとイイ夢(●●とか◎◎みたいな)夢を見せておくれぇぇぇぇっ!

 

 

 ではまた次回^^

 あゆちゃんからバトンリレーのご指名があった。

 

 こんなアホウを指名してくれてありがとう!

 

 ついでにドンペリもオーダーしてってぇぇぇぇぇぇっ!!

(狂)

 

 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

 失礼。。。

 

 ただ普通に答えるのも何なんで”ドラ流”でいくわ、よろしく^^

 

 では早速!

 

 

?自分の体で一番自信のある所ゎ?

 

 

 

?初対面の人と会ったら一番最初に何処ぉ見る?

 

 


 


 

 

 

 

?1+1=?(ゥケ狙ぃしてくださぃw

 

 

 



 

?今一番きになる人はぃますか?

 

 


 

?明日もしも死ぬとしたら何ぉしたぃですか?

 


 



 


?自分ぉ何かに例えてください!!

 


 


?今誰かに何かメッセージぉ送るなら、何ぉ送りますか?

 

 


 

 

?バ?ぉ渡す人5人

 

 


 

 

 。。。

 

 こんなもんでどう。。。?

 

 答えは意外に真面目。。。だと思うんだが。。。

 

 あゆちゃん、ありがとね^^

 

 

 ではまた次回^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。