Drivin' with The Devil

主に自作小説・ロック論・マンガ論などを”狭く深く”書いてます。 どうぞ気軽に楽しんでいってください。。。!! 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
 
これから晴れる?
 
それとも曇り?
 
今は夜明け?
 
それとも落日?
 
 
それはこの景色を見たあなたが感じたままに・・・
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2009 by drivemycar All Rights Reserved
 
 

 

スポンサーサイト

君は花

 

甘く愛らしい姿で咲き誇る紅い花

 

 

君は太陽

 

蕩けるような暖かさで地を照らす橙の太陽

 

 

君は風

 

爽やかな香りを運ぶ緑色の風

 

 

君は月

 

闇にて一筋に光る黄金の月

 

 

君は海

 

すべてを包みこむどこまでも蒼い海

 

 

君は大地

 

何にも染まっていない無垢な白い砂

 

 

どれも君

 

僕が見たままの君

 

 

そして僕は君の世界に生きている

 

これからもずっと

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2009 by drivemycar All Rights Reserved

 

 
 
 
探そうと思ったわけじゃないんだ
 
 
偶然見つけた四つ葉のクローバーひとつ
 
他愛ないと言えばそれまでだけど
 
何だか気分が昂揚した
 
 
そして僕は思ったんだ
 
もしかして幸せってこういうことなんじゃないかって…
 
 
四つ葉のクローバーひとつみたいに
 
気がついた時にそこにあるものなんだなって…
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2009 by drivemycar All Rights Reserved

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
またこの季節がやってきた
 
私が輝く季節
 
 
けれども今は私が霞む季節
 
 
あの子が沢山の花を付け
 
一気に散らし
 
その様を人の目に焼き付けるから
 
 
誰も私には目もくれない
 
こんなに綺麗に咲いているのに…
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2009 by drivemycar All Rights Reserved
 
 

 

 今回はお友だちの乙瀬蓮さんのところからバトンをいただいてきた。

 

 ありがとうございます。。。!

 

 面白そうなバトンなので早速やってみたい。

 

 ”真面目モード”で答えるか、”壊れモード”で答えるかは気分次第。。。^-^

 

 

 

 

『詩バトン』

 

あとに続く言葉を
自分で当てはめて下さい。
どう続けるかは貴方次第。

 

 

 

 

1:愛してるって

 

言葉を口にした瞬間に感じるあの苦み混じりの甘酸っぱさは昔も今も変わらない…

 

 

2:あの青空に

 

「しあわせになりたい」ってねがいごとをしたら、そらがなみだをながしてくれたよ

 

 

3:何度でも、何度でも

 

立ち上がるよ

 

たとえ苦しくても、辛くても

 

それが人生じゃん

 


4:僕はそんな君が

 

笑う姿を見るととても嬉しい気持ちになるんだ

 

 

5:これからもずっと

 

一緒にいようと誓った二人の心はどこで枝分かれしちゃったんだろう

 

 

6:もうこれ以上

 

自分を責めることはないんだよ

 

君の心の闇の幾許かでも

 

僕が共有するから…

 

 

7:俺の元で

 

安らかに…

 


8:花びら舞い散る

 

ひとときが君をまたひとつ大人にしていく

 

 

9:大好きだった

 

君に届くならもう一度だけあの歌を歌いたい

 

 

10:ほんとはね、

 

そんなにたいしたことじゃないのさ

 

 

11:ありがとうとさようなら

 

君がいたから僕は荒まずに済んだ 

 

 

12:今更だって

 

言わないで、これからだよ、これから

 

 

13:きっと明日は

 

今日と違う自分になっているはず

 

けれど明日の自分も今日と同じ

 

いや、今日よりちょっぴり成長した自分

 

 

14:君と僕らの

 

愛は歪んだものなのかな…

 

一人しか愛しちゃいけないなんて誰が決めたんだ…

 


15:これが最後だとしたら

 

君の胸の中で死にたい

 

Aren't you…?

 

 

 

 

 いやぁ、難しかった。。。

 

 詩になってないなぁと反省。。。^-^;

 

 けど、面白かった。。。!

 

 

 挑みたい方はご自由にどうぞ。

 

 

 

 ではまた次回^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
君の心に花を捧げよう
 
君の心が健やかであるように
 
 
僕が途方に暮れていた時も
 
僕の心が闇に閉ざされた時も
 
手を差し伸べてくれたのは君
 
 
僕の近しい人が苦しんだ時も
 
僕が彼方へ行った時も
 
助けてくれたのは君
 
 
今まで言葉にしたことなんてなかったけど
 
君には感謝の気持ちでいっぱいなんだ
 
 
でも、やっぱり感謝の言葉って照れくさいから…
 
 
君の心に花を捧げよう
 
君の心が健やかであるように
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2008 by drivemycar All Rights Reserved
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
汗を流して歩いていた夏の日
 
 
陽射しに顔を背けると、
 
 
元気いっぱいにお日様を見ている向日葵ひとつ
 
 
 
それから幾日立った夏の日
 
 
長雨に視線を落とすと、
 
 
力尽きてうなだれている向日葵ひとつ
 
 
 
かくして今年の向日葵も
 
 
僕の心の残像になった
 
 
ではまた来年…!
 
 
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2008 by drivemycar All Rights Reserved
 
 

 

 

 



 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 
光と色と熱のシャワーが降り注ぐ…
 
 
飛沫の花を横目で観つつ、生業に縛られる己を呪う僕
 

次の飛沫時には解放され、
 

「      」を叶えることを夢見て、
 
 
重い足を引きずり家路へと急ぐ…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2008 by drivemycar All Rights Reserved

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
ある暑い日のこと。
 

僕は海へ来たんだ。
 

泳ぎたかったわけじゃない、そもそも僕は泳げないし・・・
 
 

ただ、肉体と精神を擦り減らす生活に疲れただけさ・・・
 
 

海へ行けば母なる自然が僕を癒してくれると思った。
 
 
けど、それは大きな誤りだった。
 

海にも浜辺にも僕が望んだ癒しはなかったよ。
 

どこを見ても人だらけ。
 

幸せそうな人だらけ。
 

僕の心は煤だらけ・・・
 
 

(これ以上ここにいても仕方ない・・・)
 

独り浜辺で佇んでいた僕が帰ろうとした瞬間、
 

「ピシュッ!」
 

何かが跳ねたような音が波打ち際の方から聞こえた。
 
 
「えっ・・・!?」
 

僕が見たのは・・・
 

僕の眼に飛び込んで来たのは・・・
 

遠い昔、僕から離れてしまった女性(ひと)・・・?
 

それとも、
 

夏の日の幻影(かげ)・・・?
 
 
 
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2008 by drivemycar All Rights Reserved

 
 
 
 
 

自分の思い通りに行かない日…

 

状況に振り回される日…

 

とことんやりきれない日…

 

 

生きていると

 

漫然としていても

 

気を張っていても

 

生きているとこういう日がある

 

全部がいっぺんにやって来る日だってある

 

 

そういう時は

 

もがいてみよう…!

 

答えが見つかるかも…?

 

 

もがいてもダメな時は

 

落ちてみよう…!

 

落ちるだけ落ちたら後は上がるだけだから…

 

 

自分で歩きたくなくなった時は

 

どこまでも流されてみよう…!

 

それも神様がくれた生きる知恵

 

 

流されたり

 

自分で動いたり

 

生きることって

 

その繰り返し…

 

 

 

 

Copyright (C) 2008 by drivemycar All Rights Reserved 

 

 

 

 

 

 

 

Today's song is ”Let It Be” by Paul McCartney

 

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。